12才の雑種(去勢済み)を飼っていますが、先日かかりつけの病院で「弁膜症という心臓病なので、一生薬を飲み続けなければならない。」と 言われました。病気と薬について 具体的な説明を求めましたが、曖昧にしか答えてもらえませんでしたので、どんな病気にどのように治療するのかを 教えて頂けませんか?


心臓が拡張と収縮を繰り返して 静脈から血液を吸いこみ 動脈に送り出して血液を体内で循環させるポンプである事はご存知だと思いますが その血液の流れをスムーズにする為に心臓の各部屋(左右の心房と心室)と血管との接続部分に弁があり 血流の逆流を防いでいます。その弁に異常が生じて血液の逆流が起こっている場合、心臓弁膜症といいます。特に重要なのが左心房と左心室の間にある僧帽弁の閉鎖不全症で症状としては運動機能の低下、削痩、のどの詰まるような咳、肺水腫等が現われてきます。原因は先天的な場合もありますし、心拡張等の後天的な場合もあります。
治療は、生活の改善(運動と興奮の制限及び食事管理)が前提ですが 外科的治療(手術)と内科的治療(主に内服薬)があります。(不勉強の為 手術については細かい説明が出来ません。)
内服薬としては、その病気の進行状況や年令、体質等によって異なりますが、以下のような薬を組み合わせて処方されると思います。 
 1)ACE阻害薬  ホルモンによって起こる血管の収縮と その為に起こる血圧上昇による心臓の負担を 取り除いて心臓を楽にする為の薬で 心臓の治療では最初に投与される事の多いようです
 2)利尿剤  尿量を増やす事により、血流量を減少により肺水腫を減少させ 血圧を下げて 心臓の負担を軽くします
 3)強心剤  心臓の筋肉に直接作用して心臓の収縮と拡張をゆっくりと確実に起こすよう作用します 不整脈等の時に用いられます
 4)気管支拡張剤  心臓の肥大や拡張により気管が圧迫される場合もありますし、血液循環量が減少すると、過呼吸により酸素の血液への取り込みを増加させようとして負担のかかる気管や気管支を 拡張させて呼吸を楽にして咳を鎮める薬です
他にもβーブロッカー(心筋の過剰な運動を抑えて酸素消費を抑制する薬)、冠血流改善剤(冠状動脈の流れを改善する薬)動脈血管拡張剤(動脈を拡張して血流の改善を促す薬)等など多種多様にあります。
以上のような薬を 患者さんによって、そして患者さんの状態の変化に応じて処方される事になると思います。
私の拙い説明では具体性にかける事もあり 十分に理解して頂けなかったかと思いますが、心臓の病気やその治療については飼い主さんの十分な理解と納得を伴わないと 長続きしないと思います。ですから、説明を求めても得心の得られない病院は少なくともこの場合の患者さんにとってよい病院とは言えないでしょう。他にもっと信頼できる病院を探される事をおすすめします。

よくあるご質問一覧