ペットに関するどんなお悩みもお気軽にご相談ください

今週のメッセージ

新型コロナ感染症の感染確認人数が かなり減少しているみたいですが このまま終息してしまうのでしょうか。新型コロナ対策のために 日本国民の凄く沢山の方々が 血の滲むような努力をなさっていることは 勿論認めます。但し現在 確認人数が減少しているのは 症状を示す方の人数が減少しているから 必然的に検査を受ける人数も減少しているだけではないでしょうか。この病気の厄介なのは 感染していても 全く無症状の人が沢山いる事です。沢山検査を受ければ 無症状の人も陽性と判断されていたので 感染確認人数も多く報告されていたように思います。ウィルスは 生き延びるために症状を表さないように 進化するはずですから ワクチンを一定レベルの割合接種が済んだ日本では 猶更 今後 無症状の人がどんどん増えていくはずです。ですから表面的に症状を示す人の数が減少していくのは 当然だと思います。今後は この病気の検査をやめていけたら 自ずとこの病気による被害は少なくなるように思います。咳もクシャミもしていないのに マスクの本来の役割を勘違いして 無意味にマスクを着用している人と同様に 検査を受ける人が減少することが この病気の終息の形だと 私は思います。

病院からのお知らせ

一覧 お知らせ一覧

診療時間

9:00〜12:00
17:00〜20:00
  • 12:00〜17:00は手術・往診(要予約)
  • 日曜・祝日も平常通り診察します。
  • 緊急の際は時間外でもできるだけ対応させて頂いておりますので、まずはお電話下さい。

ユーアイ動物病院の特長

  • 土日祝日営業のカレンダー

    土日祝も通常診療

    土日祝日は午前・午後ともに平常通り診察いたします。ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの時期でも受け入れております。

  • 時間外診療

    救急/往診対応

    ペットの緊急時にはいつでもお電話ください。急患を受け付けております。深夜・早朝でもOKです。往診もいたしますのでご相談ください。

  • ウサギや鳥などの動物

    いろんな動物に対応

    犬や猫だけではなく、ウサギや鳥、爬虫類や両生類なども診察が可能です。それ以外の動物については、まずはお電話ください。

ごあいさつ

子猫 子猫

動物は病気やケガによる苦痛を飼い主さんに上手く表現できない場合が少なくありません。細心の注意を払って大切に面倒を見ておられる飼い主さんでも、そのようなペットの密かな苦痛を見逃しておられる場合は少なからずあるのかもしれません。見逃しているうちに病気が進行し、ケガが悪化して寿命を縮めてしまう事も考えられます。当院では、表面化しているペットの苦痛を取り除くお手伝いをするのはもちろんですが、飼い主さんが気づかずにおられるかもしれない病気やケガの些細な兆候をも見逃さずに対応して、元気で長生きしていただく事を目標に日々活動しております。

<院長の略歴>
四條畷高校 普通科を卒業して、立命館大学理工学部化学科高分子研究室を卒業しました。塩野義製薬に数年勤めましたが、子どもの頃からの憧れであった「動物のお医者さん」になる夢を諦めきれず、再び受験勉強をやり直して岐阜大学農学部獣医学科薬理学研究室を卒業してインターンを経験した後、当院を開業いたしました。

院長 林 直樹