Dr.喜作のブログ

  • 10月6日 十月なのに 暑くないですか

    今年は お盆のころから 雨が降り続き かなり涼しく過ごせました。その後九月になると また暑さがぶり返してきましたが 35度を越す猛暑日などは殆どありませんでしたから 夏としては過ごしやすかったのかもしれません。その後 何となく暑いけれど それ程耐えられないほどではなかったように思っておりました。十月になって 緊急事態宣言が解除されましたから 気分的にすっきりして 時期的にも秋の行楽シーズンなので 涼しくて過ごしやすいはずだと期待しているから 猶更なのかもしれませんが ここ連日昼間30度を越える真夏日が続いていますので 気持ちは秋なのに気温が真夏だからだとおもいますが 特に暑くて しんどく感じてしまいます。
    まあお天気に文句を言っても始まらないのでしょうが ただでさえ 皆がコロナ禍で 疲れ切っているのです。気温位は 体に早く優しくなって欲しいものです。俳句を作るとき 季語はとっくに秋のものばかりなのに 太っていて汗っかきな私は 秋の気分に浸れないので 上手く言葉が浮かんでまいりません。俳句を詠む力がないのを 暑さのせいにするのは 潔くないように思いますが 過ごしやすくて 身も心も秋を実感できれば 俳句の創作活動も 幾らかスムーズに進むように 思います。勿論 お上手な方々は 秋とは名ばかりの暑さを上手く読み上げられるのでしょうから 自分の拙さを自覚すべきなのだと思います。

  • 10月5日 「今日は何の日カレンダー」のサービスが 九月いっぱいで終了してしまいました

    このブログを書く時の題材探しに 結構利用させていただいておりました。その日に起こった過去の事件や記念日を紹介されていますし その日に生まれた方や 亡くなられた方の情報などが コンパクトにまとめられていましたので ブログに書きたい題材が見つからない場合は ちょくちょく有難く利用させていただいておりました。このようなサービスは 無料で利用できましたから 有難かったのですが 突然終了してしまいましたので 残念です。このサイトを どのような方々が運営されていたのか 見当もつきませんが 殆ど広告などの煩わしい存在も感じずに すんなり利用できていましたので ボランティアみたいな活動として 長年頑張ってこられていたのでしょうか。
    しょうがないので 同じような項目で検索して 似たような内容を掲載されているページを幾つか見つけましたが やはり使い慣れている方が 情報を取り込みやすいので 慣れるまでそこそこ時間がかかりそうです。ネットには このように無料で 殆ど興味のない広告にじゃまされないで 利用できる有難い情報サイトが 結構あるみたいですが これ等を運営されている人々は 一体どのような目的で その類のサイトを起ち上げて 運営を継続されているのでしょう。世の中には 私の理解の及ばないものが 世界的に通用しているものが少なからずあります。
    例えば仮想通貨などと言う存在も さっぱり理解できません。実体を伴わない通貨が果たしてこの世の中に存在してもいいのでしょうか。そんなものが 信頼に値する存在なのでしょうか。別に私の生活に 今後関わってくる可能性はありませんから どうでもいいように思いますが 少し前のニュースで 中国が仮想通貨とは縁を切る方向で対応していく というものがありました。私の目から見れば 中国ほど信用できない 奇々怪々の極みのような国が 縁を切るほどの存在ですから よほど信用できない存在なのではないでしょうか。
    私は仕事を辞めてしまうと 携帯電話も現在ガラケーを使用しておりますが 間違いなくスマホを所有することなく 携帯電話と縁を切った生活になります。さすがにメールやインターネットと縁を切ってしまう事は 難しいでしょうから ネットにつながったパソコンは身近に置くと思いますが 所謂SNSなどというものとは 現在もそうですが 多分死ぬまで 全く無縁の生活になります。そのようなものに 全く興味がないし 無縁の生活で不自由を感じる事がないと確信しているからです。
    今どきのお若い方々は スマホがないと生活に大きな支障が生じる方ばかりなのかもしれませんが ほんの数十年前までは 携帯電話なんて 影も形も存在しないで 不自由なく生活していた人々ばかりだったのです。確かに携帯電話が非常に便利な機能満載の代物であり 私が興味がないので 知識もなければ 使いこなせる技術も 無いだけの話かもしれませんが 無ければないなりに 人間のんびりと生きていける事は間違いありません。生きていくうえで必要な情報と言うのは 勿論時間的には遅れてしまうのでしょうが 携帯電話や新聞と縁がない生活をしていても いつの間にか届いてくるように思います。
    かくいう私も 子供の頃には 夏の暑さを扇風機のみで耐え忍んでおりましたが 現在は確実に気温が上昇しておりますので エアコンがなければ 安全に夏の暑さに対応できなくなっていることは認めます。お若い方々が幼少のころから 携帯電話が存在するのが当たり前の時代に生まれ育ったのでしょうから 携帯電話 それも進化してスマホが生活の必須アイテムになってしまうのは 致し方のないことかもしれませんが 本当に自分に必要な情報は 携帯電話がなくても 必ず届くはずです。試しに一週間ぐらい 携帯電話を机の引き出しに入れっぱなしにして 生活してみられたら 素晴らしいと思いますが まあ現実的には無理なお話なのでしょう。

  • 10月4日 世界動物の日なのだそうです

    世界動物の日というのは 日本ではあまりしられていないのかもしれませんが 「人も動物も神の前では平等」と説いた、カトリック修道士アッシジに因んだ祝日なのだそうです。1931年にイタリア・フィレンツェで開かれた国際動物保護会議で提唱されたのが始まりなのだそうで 動物愛護・動物保護のための様々な活動が世界中で行われているのだそうです。動物病院を長年経営しておりますが あまり意識できていなかった動物の日なのだそうです。まあキリスト教の教えに基づいた考え方のようですから 日本では あんまり浸透していなくても 仕方がないのかもしれません。
    とはいえ 小さな動物の命も 人間と同等に大切に扱われるべきだという考え方に 反対意見を持たれる方はあまりいらっしゃらないように思います。但し 動物病院で 小動物の診察治療をさせていただいていると 時々ではありますが 凄く悲しくて 悔しい思いをする事が あります。もう昨年のことになりますが 深夜に電話がかかってきて 飼っているハムスターの調子がおかしいので 直ぐに診て欲しいとの要望に応えて
     診察治療をさせていただきました。
    深夜に対応させていただきましたので 時間外に対応させていただいたことへの料金も含めて そこそこの金額を請求させていただいたのですが その飼い主から言われた言葉で 泣きたくなりました。このハムスターは ペットショップで 〇〇円で購入したのに その金額よりも高い料金を請求されるのは 納得がいかないと 仰るのです。そんな金額を請求されるのなら また新しいハムスターを購入したほうが 安上がりだと主張されるのです。若いころの私なら 飼い主と大喧嘩をして またまたうちの病院の評判を貶めたのでしょうが さすがに還暦を過ぎましたので 黙ってそのままお帰り頂きました。深夜に わざわざ病院を開けて それなりの対応をさせていただいたつもりでしたから それ相応の金額を請求しただけのつもりでしたが 自分が飼っているペットを ただの商品としてしか 考えていない輩が 飼い主だっただけで そんな飼い主のリクエストにうっかり対応してしまった私に落ち度があると考えました。
    勿論ペットと言うのは 飼い主の私有財産ですから どのようにペットについて考えようと どのようにペットを扱おうと 法律的には飼い主の自由なのかもしれませんけれど 可愛いと思えばこそ 愛情を注ぎ 大切だと思えばこそ 深夜に病院に連れてきたのではないのでしょうか。購入金額よりも高い金額を治療費として請求されたからと言って 踏み倒してもいいとは どうしても私には思えませんが 悲しいかなこんな考え方を持つ輩がちょくちょくいるのです。だとしたら 人間の赤ちゃんは 購入金額を支払っていないはずですから 病気になって 病院にかかった時 治療費を請求された時にも 同じセリフが病院関係者に対して 吐けるのでしょうか。残念ながら 動物を物としてしか考えられない人間を時々見かけると 非常に不愉快になります。そんな輩に出くわすと 猶更一日も早くこの仕事を辞めたくなってしまいます。

  • 10月2日 1990年の本日 東西ドイツが 統一されたのだそうです

    ドイツが第二次世界大戦で敗戦国となり アメリカ・イギリス・フランス・ソ連の4国で分割管理する基本方針が決定されたのだそうです。ナチス=ドイツの降伏後、ベルリンに進駐した4国司令官によって、「四国宣言」がだされ、4カ国分割占領が確定したそうです。この分割占領はあくまで暫定的で将来のドイツの主権回復を想定していたので、ベルリンに管理理事会を設置されたのだそうです。しかし西側の米英仏占領地域では自由主義経済を基本とする経済復興をめざし、ソ連占領地域では社会主義化をめざす措置が執られたため、東西の違いが問題となっていったのは必然的だったのかもしれません。東西冷戦は深刻となり、このドイツ問題も主要な争点となっていくうちに 1948年6月の西側の通貨改革強行を機にソ連がベルリン封鎖に踏み切ったときからベルリンの4国管理理事会は機能しなくなり、ドイツの東西分裂が事実上確定してしまったのだそうです。まあ自由主義国と社会主義国が 一つの国を分割して管理したのですから なるべくしてドイツは分裂してしまったのでしょう。
    その後米ソ冷戦時代を経て私が二つ目の大学を卒業する年に 無事に再びドイツは統一されました。私は政治的な意味での統一が 一体どのような形に落ち着いていくのか 興味がありましたが まあ日本から遠い国での出来事だからその摩擦が伝わってこなかっただけなのかもしれませんが 割とすんなりと本来一つの国であったのだから 当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが 分断されていたものが 予想以上にすんなりとまとまっていったように思います。
    そしてもう一つ 凄く興味があったのは 東西ドイツが どちらもスポーツが強かったので 例えばオリンピックやサッカーのワールドカップで 統一国家の代表ともなると 更に強くなって 凄く活躍するのかと思いましたが ワールドカップでは 西ドイツが何度か優勝していて 2014年に統一ドイツが一度だけ優勝しましたが もっと活躍してくれることを期待していたのに 若干がっかりさせられています。やはりスポーツの場合 単純な足し算の効果は現れないのかもしれません。オリンピックでも ザクザクとメダルを獲得してくれることを期待しましたが 残念な結果しか出ていません。
    私はドイツと言う国が きっちりした国民性を含めて大好きです。現在の日本人は アメリカの映画などで ドイツ軍を敵国として描いた映画ばかり見せられているからかもしれませんが ドイツを敵国として見做してしまいがちです。でも第二次世界大戦において 日本は 日独伊三国同盟を結んで 米英を中心とする連合軍と戦ったのです。つまりドイツ軍は 日本の友軍なのです。日本人が応援すべき国は ドイツでありアメリカ軍は鬼畜米英と忌み嫌っていた敵国なのです。
    大分昔に 確か欅坂46だったと思いますが 着ていた制服が 旧ドイツ軍を連想させるコスチュームだったと言って 文句を言っている馬鹿どもがいました。旧ドイツ軍とは 本来応援すべき日本の友軍なのです。確かに ヒットラーのしでかしたことが 褒められる出来事だとは思いませんが 少なくとも戦時中までは 日本は米英を鬼畜として忌み嫌っていたのですから 勘違いをしてほしくありません。
    そんな訳で 私はドイツと言う国が 約束をきちんと守る 国民性が 大好きです。なぜかしら 私の大嫌いな韓国も ドイツが大好きなのだそうですが ドイツが世界中で一番嫌いな国をアンケートで調べたところ 断トツで韓国が一位になったのだそうで 大笑いをしてしまいました。韓国は サッカーのワールドカップでの蛮行などで ヨーロッパ各国から 最低最悪の評価をされているケースが多いみたいですが 韓国側が大好きなドイツから こっぴどく振られてしまったみたいです。
    私の大嫌いな韓国の事などどうでもいいですが ドイツが本来の形に統一されたことは 非常にお目出度いことだと思います。今後も 今まで以上に発展していかれることを 期待いたします。

  • 10月1日 緊急事態宣言がようやく解除されたので お店でのお酒の提供が可能になったのだそうです

    但し 大阪府が認定したことを証明するステッカーが必要なのだそうですが その認証ステッカーを手に入れるハードルが 凄く高いのだそうです。感染防止対策について 四十以上もの項目を すべてクリアしている照明が必要なのだそうですが クリアしていることを証明する申請方法が 相当に難しいのだそうです。原則としては パソコンが使いこなせれば インターネットで可能なのだそうですが 飲食店の経営者には 年配の方も少なくないので ネットをかなり上手に使いこなせなければ 申請するのは 困難なのだそうです。
    申請書類を郵送で提出する方法もあるのだそうですが 猶更手間暇と余分な時間がかかってしまうのだそうです。申請書類に少しでも不備があれば 書き直して再提出になるので書き方などを質問しようと思って 問い合わせの電話をかけても 一切通じないのだそうです。いかにも利用者の事を全く考えない お役所仕事の特徴が現れているように思います。いかにもお役所様が 認証してやる と言った高圧的な対応だとしか思えません。大体四十を超える感染症対策の項目のすべてに完璧に対応しなければならないなんて お店にかかる費用や手間暇などを全く考慮していないとしか考えられませんから これまでも散々 時短営業や提供制限などで 負担をかけている飲食店に対する いたわりや思いやりの気持ちが 全然ないことの証明だとしか思えません。
    コロナ禍で 数えきれないくらいの業種 職種の人々が 多大なる影響を受けて 苦しんでいるのに 公務員の輩どもは これまでと全く同等の給料をもらって 平然と仕事をしているのです。場合によっては 危険手当などと称して 余分に収入を増やしているかもしれないのです。医療関係のお仕事の場合 職場で現実に病気に感染してしまった方が 少なくありませんから そのような職種の人々の収入が増える事に 不満を感じる人はいないと思いますが 厳重に仕切られた窓口越しに 一般人と接触する役人が 危険手当を受け取っているのだとしたら 世の中の人は皆納得できません。
    取り敢えずは 宣言が解除されましたから これまで辛抱しておられた方たちが 幾らかこれまでよりも楽な生活をされるのかもしれませんが そのことが すぐにまた感染確認人数の増加 第六波につながるのでしょうから それこそ年末に向けての稼ぎ時に またもや緊急事態宣言が発出されてしまうのだと思います。下戸の私としては お酒を提供されようが されまいが全く影響はありませんが お酒の類を製造しているメーカーや販売している酒屋さん お客さんに直接提供している飲食店にとっては 直接売り上げにつながる大問題であることは間違いありません。
    下戸の私からすれば 別に酒屋さんでのお酒の販売はこれまで通りになされているのでしょうから 自宅で飲んだ方が 確実に安上がりだし 他人に気を使わなくてもいいし 眠たくなりゃすぐに寝られるわけだから 自宅でお酒を楽しめばいいのではないかと考えてしまいますが やはりムードのあるお店で お店の人や顔なじみの常連さんたちとの会話を楽しみながら 頂くお酒が格別なのかもしれません。まあ感染症対策が 徹底された状況では 本来の楽しみ方はいずれにしても難しいのかもしれませんけれど。
    兎に角宣言が解除されて 大阪ではマンボウが継続しているのだそうですから スッキリしませんが いずれ緊急事態宣言の 再発出が間違いないのでしょうから 短い期間でも制限が緩んでいる期間を大切にした方が懸命だと思います。

  • 9月29日 旅行二日目です

    昨夜 遅くまで一つ目の大学の後輩と囲碁打ちまして 後輩のマンションのゲストルームに一泊しました。二人で宿泊させてもらって 四千円支払いましたが 部屋は十分に広いし お風呂やトイレもきれいで広々としていましたから 予想以上に快適に一泊させていただきました。ベッドのマットも 程よい硬さで 凄く寝心地が良かったです。朝からお風呂にたっぷりとお湯を張って ゆっくりと浸かってのんびりとした気分を味わいました。しっかりと汗を流して 部屋の冷房をしっかりときかして 汗を引かしてから 昨夜コンビニで購入しておいたパンや飲み物で 朝食を済ませました。
    朝九時少し前に 後輩のマンションを出発しまして 名古屋港の近所にある つまり昨日訪れた水族館の近所にある リニア鉄道館に出かけました。十時に開館するのですが 九時半ごろには到着してしまったので 芝生にあるベンチで おしゃべりをしながら開館を待っておりました。本日もお天気が良すぎて 朝から暑さを感じましたが 曇りや雨のお天気よりもずっと有り難いことだと思い直しました。九時半にはすでにいかにも鉄道大好き青年みたいな風貌の若者が三人ほど並んでいましたが 快感が間近になると 十人ほど行列ができていました。緊急事態宣言が発出中の 平日にもかかわらず 結構な人間が訪れるのですから かなりの人気があるのだなあと感心しました。
    別に慌てて入館する必要もないので ひとしきり入館する人たちの波が引いてから チケットを購入して 入館しました。私は 特に鉄道に興味があるわけではありませんが 新幹線の先頭車両の形態が変遷していった辺りには 興味がありましたし ここではドクターイエローと言う特別車両まで展示してありますので そこそこ楽しみにしておりました。殆ど予備的な知識がないのですが ゼロ系 百系 三百系 七百系などが展示してあり どんどんとんがってカッコよく変化しているのに 感動しました。
    新幹線だけではなくて SLいわゆる蒸気機関車もいろいろと展示してあるらしいので そちらも秘かに 楽しみにしておりました。こちらに関しても 殆ど知識がないので偉そうなことは 何も申し上げられませんが 日常では全くお目にかかれる代物ではありませんから 大変興味深く拝見いたしました。蒸気機関車の場合 何時も不思議に思うのですが 運転手さんがいる所から 前方が全く見えない構造になっていることです。窓から身を乗り出して前方の様子を確認するのでしょうが 機関車の構造は 窓からずっと先まで車体がありますから 機関車の直前のレールの状況など 殆ど確認できないように思います。
    実際にトライはしませんでしたが 電車でゴーみたいな運転趣味レーションが楽しめるコーナーもありました。全く興味がありませんが お好きな方はやっぱり電車を運転してみたい気持ちになることは 分からないでもありません。そうこうしている間に あっという間に二時間が過ぎてしまいました。本日二時から 大垣で先輩方と待ち合わせしておりましたので 美江寺駅と言う聞いたことがない駅が待ち合わせ場所でしたので 十二時を回りましたので スタートしました。途中で コンビニによって サンドイッチやお握りを買って 食べながら 木曽川 揖斐川の川沿いの道をひたすら北上して 何とか約束の時間の少し前に 待ち合わせ場所に到着しました。
    こちらで 二つ学年が上の先輩と 一つ学年が上の先輩と合流して 近所の相当に人気のあるケーキ屋さんで一服しました。殆ど看板さえ出ていないお店ですが 休日には 名古屋辺りからもお客さんが溢れかえる位に人気のあるケーキ屋さんを後にして 大垣市内の とある建物の最上階にある展望ルームに移動しました。十三階でしたが 周囲に高い建物が殆どないので 相当に遠くまで見通せる 素晴らしい眺望でした。自動販売機で 各自好きな飲み物を購入して ソファーに座って 談笑しました。一つ学年が上の先輩は 私はずっと大垣で高校の先生を続けておられるのかと想像しておりましたが ご主人のお仕事の関係で 結構あちらこちらに転勤されていたのだそうで 少し驚きました。
    髪の毛が 真っ黒なので 相変わらず可愛らしくて 若々しく見えましたが 実は私と同じくらいに 白髪が一杯あるので 染めておられるのだそうです。男性陣は 私が白髪ばかりの胡麻塩頭ですが 他の二人は 可なり禿げ散らかしていますが 私の奥様以外は全員還暦を過ぎておりますから しょうがないでしょう。先輩方とは かなり久しぶりにお会いできたので 懐かしい話がつきませんでしたが 五時ごろには お開きにしました。そこで解散になり 大垣インターから 名神高速に乗って 無事に帰阪できました。私は余裕がない人間なので 何時も目一杯予定を詰め込んだスケジュールを組んでしまいますが 性分だからしょうがないでしょう。明日からまた仕事が始まりますから この二日間思い切り楽しみましたから 頑張れると思います。強行日程でしたし 最初に迷子になって遅刻したりして波乱のスタートになりましたが その後は無事に旅程を過ごせましたので 良かったです。

  • 9月28日 名古屋まで 旅行に出かけました

    今年なかなか実行できていなかった旅行に一泊二日で出かけました。朝七時過ぎに 病院を出発して 名古屋で 一つ目の大学の時のサークル活動の一年後輩に会うために出かけました。第二京阪から京治バイパスを経て名神高速 新名神などを走って 十時に余裕をもって 後輩の勤め先であった 中部経済産業局に 到着するはずでした。

  • 9月25日 コロナワクチンの承認が遅れたことに関して 文句を言っている馬鹿どもいるみたいです

    日本でのワクチン接種開始時期が 欧米に比べて 二か月ほど遅れたことに関して 日本の政府のワクチンの承認への対応に時間がかかり過ぎたと 文句を言っている馬鹿どもが 結構沢山いるみたいです。そもそも伝染病に対するワクチンの開発 安定した品質の十分量の製品の製造 そして安全で確実な運搬と保存などの方法の確立をきちんとした手順を踏んで 丁寧に確認していたら ワクチンの実用化というものには 非常に時間がかかるものなのです。しかし新型コロナ感染症に関しては 地球的規模でパンデミックが起こったとされて ワクチンの開発とその安全性や 効果の確実性 その持続期間に関する検証などが 殆ど形ばかりのお粗末なことで御茶を濁されてしまって 実用化に踏み切ったのです。
    ですから欧米では ワクチンの開発競争が激化する中 日本の製薬メーカーは 基本に忠実な手順を踏んでいた為に 大きく出遅れてしまいました。しかし ワクチンと言うのはそもそも健康な人間に接種するのですから 治療薬のように 効果が目に見えるものではありませんし 病気に対する予防効果を抗体価で検出出来はしますが その抗体価がどれくらいの期間維持されるか個人によるばらつきも結構ありますから 追加免疫の必要な時期判断するのが かなり難しいのに 見切り発進で実用化されたがために ワクチンの予防効果が何時頃まで継続するのか 現在に至っても 正確な所は 分かっていないのが現状のはずです。理論的には 何時頃まで効果が続くであろうという見込みは立っているのかもしれませんが 現実的な確認がなされていないのですから 希望的観測に過ぎないのかもしれません。
    日本のワクチン接種スタートが 二か月ほど欧米各国に比べて遅れたのは ある意味欧米各国で 大規模な人体実験をしてくれていたと考えれば 日本国民にとっては 殆どでメリットなんかなかったはずです。遅ればせながら 日本でもようやく半数以上のワクチン接種が終えられたのだそうで 感染確認人数が減少しているのは ワクチンによる効果だ 等と安易に考えている人もいるみたいですが 果たしてそうなのでしょうか。ワクチン接種が八割を超えているシンガポールで 制限を緩めた途端に感染確認人数が 増大を始めてのです。集団免疫の恩恵などこの病気ではあまり期待しないほうが懸命なのかもしれません。ブレークスルー感染なんて 伝染病予防のワクチン接種をする前に 十分な説明がなされるべきなのです。つまりキチンの二回ワクチン接種をしても 感染する可能性は 必ずあるのです。こんなことはワクチン接種については 極当たり前の事なのです。勿論ワクチンを接種しておけば 感染する確率が非常に低くなるし 運悪く感染したとしても症状がごく軽くて済むはずなのです。今回のワクチン接種作業は 政府が率先して行っているのですから ワクチン接種と 副反応は切っても切れない関係にある事 そしてブレークスルー感染の可能性も十分にある事を 予め国民にしっかりと告知すべきだったのに 事前にそのような告知をしてしまうと ワクチン接種に懐疑的な人達への不安を募らせることを 恐らく心配して意図的にその辺りの情報を伏せていた為に 今頃になって問題視されているのです。
    話が横道にそれてしまいましたが 日本が新型コロナ感染症のワクチン承認に 他国に比べて 長い時間をかけたことは 国民に対する安全性や 副反応の発生頻度や種類に関する情報を集めるのに時間をかけたのでしょうから それほど責められることではないように思います。まあ国民に対する安全性 等と美しいことばを使いましたが 本音は 重篤な副反応などによる訴訟問題を心配したためであったのかもしれませんけれど。まあなんにしても ワクチンを承認するのに時間をかけて 接種するタイミングを遅くしたことは 私は普段から政府の対応を攻めてばかりおりますが この事は それほど責められるべきではないように思います。
    かくいう私は 勿論以前から宣言しているみたいに 未だワクチンを接種しておりません。安全性も効果もその持続期間も はっきりとしたデーターがないワクチンなど 絶対に接種したくないからです。日本にも ワクチン接種にアレルギー反応を示す人間はそこそこいるみたいだし 世界にはかなりの方がワクチン拒否の姿勢を崩さないのだそうです。勿論ワクチンを接種しないほうが 感染の可能性が高いのは間違いないのでしょうが 接種したくない人間に強制する決まりごとは 日本にはありませんから 恐らく私は死ぬまで接種しないでしょう。昔勤めていた塩野義製薬の ワクチンが実用化されたら 接種を考えるのかもしれません。
    そんな人間が 偉そうに発言できることではないのかもしれませんが 今頃になって ワクチンを承認する政府の対応が 遅すぎた と文句を言っても 全く何の実益もないのですから そんなしょうもないことを騒ぎ立てるよりも この病気を人間社会に 極当たり前の存在として受け入れる準備に 勤しんでいただきたいと思います。

  • 9月24日 感染確認人数が 割と順調に各地で減少しているみたいです

    緊急事態宣言が 感染確認人数の減少によって 九月いっぱいで 全国的に解除されそうな雰囲気です。今年になって 緊急事態宣言が発出されていなかった時期が どれだけあったのかさえ よく覚えていませんが 殆どの季節に発出されていたように思えます。調べてみると 一月から三月まで そして四月から五月いっぱい 七月から九月いっぱい と緊急事態宣言でなかった時期の方が 明らかに短いみたいです。これでは 緊急事態と言う言葉の意味や使い方をもう一度考えて宣言の名称を改めたほうが 良いように思います。
    日本では 何故か法律的に 諸外国で行われているようなロックダウンと言う形での ほぼ強制的 且高圧的な外出の制限などが出来ないのだそうです。各地の首長さんたちが ロックダウンを望む発言をされていたみたいですが さすがにロックダウンのような制限が出たら 動物病院もお休みしなければならないのでしょうか。十分な保証されるのなら お休みしていて 収入があるわけですから ある意味有難い処置のように思えなくもありません。
    お酒を一切頂かない私は いろんなお店で 色んな時間帯にお酒の提供を制限されているみたいですが 緊急事態宣言が 解除されたら そのお酒に対する制限も全面的に解除されるのでしょうか。お酒の提供の制限によって 酒造メーカーが大打撃を受けているのは間違いないのでしょうが お酒を販売している業者さんたちも 悲惨な状況のようです。まあお酒のお好きな方にすれば これまでお店で頂いていたお酒を 自分で安売りするお店に出かけて まとめ買いして 自宅で飲んでおられるのでしょうから お酒の消費量自体は それ程減少していないのでしょうか。自宅で一人で もしくは家族とお酒を飲んでも そんなに美味しくはないのでしょうか。さっぱり見当がつきません。やっぱりお酒は お店で 奇麗なお姉さんにお酌されたり みんなでワイワイガヤガヤしながらでなければ 美味しく楽しめないのでしょうか。純粋にお酒を楽しむためなら 一人で気楽に 自宅で楽しんでも十分に美味しいのではないでしょうか。下戸の私には想像できないので 理解できませんし 興味もありません。
    ともあれ 九月いっぱいで 緊急事態宣言が解除されそうなのは 気分的にも明るいニュースだと思います。但し これまでのように 宣言が解除されると それまで辛抱していた反動なのかどうか知りませんが 皆さんが一斉に羽を伸ばされるからなのでしょうけれど すぐに感染確認人数が増大しはじめて すぐにまた宣言の発出につながるのは 目に見えています。次回が何時頃の発出になるのか 見当がつきませんが これまで絵の経緯から推察すると 十一月ごろから年末年始にかけて続くのではないでしょうか。
    またまた飲食店や観光業には 大打撃を与えて それに関する産業にまで 大幅なしわ寄せが及ぶはずです。鉄道や飛行機などの運輸業もかなりのピンチみたいだし 私の親せきの 駅前で駐車場を経営している人からの情報によると 人が観光や仕事に出かけないので 利用客が確実に減少しているのだそうです。営業車の利用も凄く減少しているし リモートによる仕事のために 会社に出勤する人も殆どいなくなったので 駅前なのに 朝夕でも人がまばらにしかいないのだそうで 借金がないから 潰れずにすんでいるけれど 生活するのがやっとぐらいの収入しかないのだそうで 悲鳴を上げていました。
    大学生が 殆どキャンパスに顔を出せないのだそうで 大学の近所の食堂を経営していた友人は 年明け早々に店をたたみました。先日来院された飼い主さんが 二十歳前後のお二人だったので 大学生ですか と尋ねたら 一応大学生の身分だけれど 一度か二度だけ キャンパス内に出かけたけれど 殆ど大学に通っていないので 大学生の実感は全くないと仰っていました。お母さんがぼやいていらっしゃったのは 大学のキャンパスや教室は一切利用していないのに 授業料は 普段と同じなので 納得がいかないと ボヤいておられました。私なんか 特に一つ目の大学は サークル活動をするために大学に通っていたようなものでしたから 本当に現在の大学生は 可哀想に思います。
    多分 国民の気持ちを考えても 九月いっぱいで 緊急事態宣言が 解除されるのでしょうから 食べ物屋さんも 八時以降まで営業できるようになるのでしょうから 病院を閉めてから 晩御飯を食べに出かけられるようになってくれるのが 私にとっては明るいニュースなのかもしれません。お酒の提供がすぐに解禁になるのかどうだか知りませんが お店にとっても 酒造メーカーにとっても 販売業者さんにとっても 重要な事でしょうから お酒の提供も認められることを期待します。但しお酒を飲みながら ワイワイやれば 感染確認人数の再増加が早まるだけなのでしょうから 緊急事態宣言の再発出まで早まってしまうのは 間違いないのでしょうから 一概には喜べないのかもしれませんが これまで辛抱を続けておられた方たちが 羽目を外したくなる気持ちも分かります。
    私はこのブログで 何度も何度も 申し上げておりますが 新型コロナ感染症の確認人数が増えたの減ったので 一喜一憂すること自体が 全くのナンセンス 無意味なことだと確信しております。この病気は 確実に人間社会に居座り続ける病気ですから 普通の風邪やインフルエンザと 同等に扱えば 生活を制限すること自体が無意味であることは 明白ですから 早くこの病気を受け入れて 上手く共存する方向を目指せば コロナ禍なんて 一瞬で解決しますから 何方かが上手く日本の舵取りをしていただければ いいのになあと思いますが 自民党の総裁候補の顔触れをみても 全く期待できそうにありませんから 日本の と言うよりも政界の情勢の見通しは 明るくないように思います。
    感染確認人数が減少してきたのは 国民の半数以上がワクチン接種を済ませたからだなどと 楽観的なことを発言しておられる方もいらっしゃるみたいですが ワクチン接種率が八割を超えている シンガポールでも 集団免疫効果は認められず 制限を緩めたら 確実に感染確認人数は増大しているのだそうです。普通の風邪にワクチンが存在しないように ワクチンによる集団免疫効果なんて 夢物語なのだから どうしてこんな簡単な事に誰も気づかないのか 不思議に思います。私は別に 特に賢い人間ではないですが ずっと前からこんな簡単な事に気づいているのに どうして皆が気づかないのか とてもとても不思議に思います。 

  • 9月23日 本日がお誕生日の方に 美しい方が多いのに驚きました

    9月23日がお誕生日の美しい方としては まずは後藤真希さんがいらっしゃいます。私はモー娘。のメンバーで顔立ちが整っているのは 後藤さんだけのように思っております。個人的には 矢口真里さんが 好きでしたが ご主人を裏切っていたので ガッカリして嫌いになりました。私自身が 助平爺なので 浮気をしたこと自体は 人間としてはありがちな失敗だとしか思いませんが ご主人に対するその後の言動などが 許せませんでしたので嫌いになりました。なので 後藤さん以外には 外見で魅力を感じるメンバーは一人もいません。
    続いて 寺田蘭世さんもいます。乃木坂の二期生で 乃木坂のメンバーの中に混じってしまうと さして目立つ存在ではなくなってしまいますが 普通に一人でテレビにゲスト出演していたら 非常に可愛らしいし 性格も素直で優しそうなので 割と好感を持っている存在です。
    次に印象深い女優さんとしては 鈴木杏樹さんがいらっしゃいます。沢山のドラマに出演されていますが 特に印象に残っているのは「あすなろ白書」かもしれません。お勉強のできるしっかり者のお嬢様と言った役柄で 鈴木さんのイメージにぴったりだったので よく覚えています。キムタクが まだ主役になれない時代のドラマとしても 印象的でした。
    それから 少し年配になりますが とは言っても私よりもお若いのですが 床嶋佳子さんのお誕生日でもあります。女優さんとしては そんなにずば抜けてお美しいとは思いませんが いかにも優しそうなしっとりとした落ち着いた女優さんのイメージがあります。凄く沢山のドラマに 単発的に出演されていますが 私のお気に入りの番組「孤独のグルメ」北海道出張辺で 旭川の雪が舞う片田舎の居酒屋の女将さん役で出演されていたのが 特に印象的です。あんなチャーミングな女将さんがいる居酒屋なら 下戸の私でも訪れてみたいお店です。
    更には 仙道敦子さんのお誕生日でもあります。仙道さんは その珍しい名前で印象に残っていますが「白蛇しょう」と言う映画で まだ幼いイメージの少女役を好演されていたのが インパクトがありました。その他 色んなドラマにいろいろな役で出演されていましたが 画面にチラッと映るだけで ホッとさせてくれる 素敵な女優さんだと記憶しております。
    それから 朝倉あきさんも本日誕生されました。彼女は 「相棒」にゲスト出演された時に その魅力的な顔立ちと声 喋り方でファンになりました。初めて見たように思っていましたが 映画に何本も主演されていますから そこそこ知名度と実力のある 女優さんみたいです。私は初めて見た時 その喋り方 声から 乃木坂の生田絵梨花さんなのではないかと思ってしまいましたから 間違いなく正統派の美少女だと思います。
    以上のように ザっと調べてみただけで 私から見たらかなり魅力的な女性のお誕生日でしたので 本日は特にお目出度い日だと思います。