Dr.喜作のブログ

  • 5月27日 皆さん 真面目に感染症対策に取り組まれているのでしょうか

    全国的にも ようやく緊急事態宣言が 解除されましたから 表面的には 確認される感染者数が減少して この騒ぎもようやく収束に向かっているかのように見えます。まあ日本人は 真面目な民族なので 外出して他人との接触を控えましょう とか 外出の理由になるお店なども 営業を自粛しましょう 等という本来強制力のないお願いを 真摯に受け止めて 相当に努力をなさって 外出を控え 涙を呑んで仕事を自粛されたみたいで その結果として 宣言の効果が表れたと政府が判断して 徐々に宣言の範囲が減少していき 全国的に解除されてしまいましたし 休業などの自粛を求める業種の範囲も狭められていっているみたいです。
    まあ日本の場合 重篤な症状が出て 一定の条件を満たさなければ 受けたくても信頼度の高い検査が受けられないのですから 検査によって確認される感染者数が 本当の感染者数を どれだけ正確に反映しているのかは はなはだ疑問に思いますが 取り敢えずは臭いものにしっかりとふたをしたので 臭いにおいが それ程鼻につきにくくなったのは事実だと思います。まあこれから締め切っていたふたを 徐々に取り外していくのですから 再び臭いにおいが 立ち込めてくるのは 必然的な流れのように思いますが 皆さんの期待通り 今後とんとん拍子に上手く事が運んで この感染症騒ぎが 本当の意味で終息してくれれば とても嬉しいです。ただし この感染症騒ぎを引き起こした原因であるウィルスに対して 直接的な対策は 何一つできていないのですから 残念ながら 事がうまく運ぶ確率は 高くないと考えていた方が無難だと思います。
    この前 久しぶりに友人夫婦と食事をしたときに 奥さんが「外食をするのは 凄く久しぶりで 本当に楽しいわ」と発言していましたので 平然と聞き流しているようなふりをしましたが かなりびっくりしました。彼女は 真面目に生きているご主人の細君ですから 国からの自粛要請を 真っ当に受け止めて 極力外出しないように努めて 出来るだけ自炊したものを食べて生活をしているのでしょう。ご主人も 勿論奥さんの作ってくれたものを 有難く頂いているのでしょうから やはり久しぶりの外食なのでしょう。病院に来られる飼い主さんと話していて やはり何方も 真面目に自宅にいるように心掛けておられるのは なんとなく分かっておりましたが 自分があまりに普段と変わりない ある意味こんな時に 非常に不謹慎な生活を続けておりますので 自分の不真面目さにあえて気づかぬふりをしていたのかもしれません。
    私は ご近所で顰蹙を買っているのかもしれませんが 外出するときも 病院内で仕事するときも 手術中以外は 一切マスクをつけておりません。手洗いなども 仕事中を除いては 普段からほとんどしないので その点でも平常時と何ら変化がありません。嗽など 朝起きて歯を磨くときに 痰が絡んでいるときには しますが 喉に違和感がなければ 殆どしておりません。病院内の消毒も 勿論病院ですから 診察が終わるたびに 診察台などを消毒液を噴霧しての掃除は 毎回しますが 飼い主さんが据わる椅子や 自動ドアのタッチするパネルなども 一日に一回掃除するだけです。まあそんなにたくさんの患者さんが出入りする病院ではありませんから それほど心配することはないのかもしれませんけれど。
    そして 仕事がら 往診で外出することは よくありますし 自分の買い物にも頻繁にも出かけています。特に最近 父が施設に入所しましたから いろいろなものを買い出しに 家具屋さんや電気屋さんにちょくちょく出かけております。それから 私は普段から 外食を頻繁にする生活をしておりますが まあ行きつけのお店が営業を自粛してしまって 出かけたくても訪問できないお店も少なくありませんが 空いているお店に出かけて 外食をする頻度は 普段とほとんど変わらないように思います。
    つまり私は 一般的に言われている 感染症を予防するために有効と考えられている 手洗いやうがい それに普段からのマスクの着用や こまめな消毒とは 全く無縁な 極ごく普段通りの生活を続けております。奥様も私に気を使ってなのかもしれませんが 私と同様の生活をしているみたいです。まあ元々二人とも 健康体だからなのかもしれませんが 一般的に言われている予防のためによさげな行動は全く取っておりませんが 平穏無事に暮らせております。
    ジャニーズのアイドルが出来る限り自粛しましょうと言われている期間中に 派手に友人たちと遊び歩いたり 女性アイドルとのスキャンダルを頻繁に起こして 厳しい処分を受けるのだそうです。私は 有名人ではないので それほど目立ってはいないのかもしれませんが 日本国民が賢明に自粛生活に励んでおられた時期にも 全く普段と変わりない生活をしておりましたので ひょっとしたら自分が気づいていないだけで ご近所さんからは非難を浴びているのかもしれません。まああと少ししたら この地を離れますから 今更評判を気にしても しょうがないのかなあと思いますし 例え今更自分の言動を慎重に 控えめにしたって 手遅れだと思いますので 今後も引き続き普段通りの生活を続けていこうと思います。もしこんな私が コロナ感染症に罹って 死んでしまったら 大いに笑ってやってください。
     

  • 5月26日 まだ内閣支持率が29パーセントもあるのだそうです

    つまり国民の三人に一人弱が アベチャンを未だに支持しているのだそうです。自分のお友達に便宜を図ってあげる為に 総理の特権を駆使しただけでも罪が重いのに お国のお金を使って「桜を見る会」などという選挙運動違反を 大っぴらに行ったことで 訴えられないのが 不思議に思っていたら 今度は自分が裁判で起訴されないように便宜を図ってもらうために 検察庁の大幹部の定年を独断で勝手に引き上げたりして 驚かせてくれました。後付けで コロナ騒ぎのどさくさに紛れて 強引に検事の定年延長の合法化を図っていましたが 便宜を図ってあげた検事が 賭け麻雀という大問題を起こした途端に クルリと音が聞こえそうな勢いで手の平を返して 我関せずと 一切知らんぷりをするいつものアベチャンの厚顔無恥さを発揮してくれました。
    そのうえ 今回のコロナ騒ぎについての対応が あまりにその無能さを発揮してしまいました。するべき決断のタイミングを外しているし 全く無駄な決定は 独断でしてしまって 国民からバッシングの嵐だし、トップの無能さをさらにズームアップしたような閣僚の不手際のオンパレード、自分のミスを一切認めない呆れるばかりに尊大な態度 お願いですから 自分の無能さを自覚して一秒でも早く 総理の椅子から降りてください。お願い致します。たとえ犯罪者でなくても まともな感覚を持ち合わせている政治家なら 自分の無能さを恥じて 自ら役職を辞するのが 人の道だと私は思います。
    こんなに次々に犯罪を犯している お尋ね者が総理の椅子に未だに座っているだけでも 日本は法治国家ではないのか という疑問が頭から離れませんが そんな輩を 未だに支持する人間が まだ29パーセントもいるというのが 不思議でしょうがありません。昔 宇野宗助という首相が 芸者さんといういわばプロの女性との交際でしくじってしまい あっという間に総理の椅子から転がり落ちました。どうしてアベチャンは 犯罪者なのに 総理の椅子にしがみ付けているのでしょうか。韓国の大統領は 必ず犯罪者にならずにはいられない というジンクスがあるみたいですが あんな野蛮な国でさえ その国のトップであっても きちんと告訴されて 公平性があるのか その適用されている法律がまともなのかどうか怪しくは思いますが 一応韓国の法律に照らしあわされて 裁きを受けています。なのに 世界に誇れる法治国家であるはずの日本では なぜアベチャンだけが 超特別扱いを受けて 総理の椅子に踏ん反り返り続けているのでしょうか。 残念です。悔しいです。とても悲しいです。日本という国に生まれたことを 恥ずかしく思います。
    私は 日本という文化レベルもそこそこ高いし 治安もすこぶる良いし 何か困ったことがあっても 直ぐに団結して乗り切っていける国民性も凄く好ましいので 日本という国が大好きです。日本国民であることに 誇りを持っているし 日本という国を愛していると思います。ですから これ以上日本という国をめちゃくちゃにしないでください。お願い致します。アベチャン。

  • 5月25日 10万円の給付で 大問題が発生しているみたいです

    この大問題にも アベチャンの無責任さが 顕著に表れているように思います。国民一人当たり10万円支給する と簡単に決めておいて それも原資は国債による借金なので 気楽に 安易に恩着せがましく 勝手に決めておいて 具体的な現金の支給方法は 地方自治体 各市町村に丸投げにして そこの事務上の大混乱が起こっているのに 全く知らんぷりを決め込んでいるアベチャンの厚顔無恥さには 改めて驚かされます。数年前にマイナンバー制度を 偉そうに立ち上げておいて その制度があまりに国民に魅力を感じてもらえず 大部分の人が未だに手続きもせず ほったらかしにされていますが この現金支給には マイナンバーを利用して ネットで請求すれば 請求書を郵送するよりも 早く受け取れる という不正確な情報によって この支給をいち早く受け取るために マイナンバー制度の手続きを駆け込みで済ませた人が結構いたみたいです。
    たかが十万円 といっても だったらいらないのか と問われれば 受け取らない手続きをするほど 私は肝が据わっておりません。もらえるものは勿論 喜んで頂きます。とはいえ それ程経済的に逼迫していないので 郵送のための書類が届いてからである程度役所が落ち着いて すいてからでいいやと思って 現在のところ何もしておりません。近所には アベノマスクがほぼ全員に届いているのに 私の所には間違いなくアベノマスクが届いておりません。
    私がこのブログで アベチャンの事を散々にこき下ろしているからなのでしょうか。何しろアベチャンの周囲の人間は ほんの一瞬でも アベチャンにたてつくような言動があれば 厳罰の処される地獄の掟があるから 私の所は マスクの届け先から除外されてしまったのでしょうか。アベノマスクなんて もし届いたって 恐らく使用しないうちにほこりをかぶって ゴミ箱に直行することになりそうですから どうでもいいのですが 現金支給の書類が今になってもまだ届かないのは 少し心配です。市役所のホームページを確認したら 五月の下旬に郵送用の書類を届ける となっていましたが もしこの書類さえ届かなければ さすがに市役所に文句を言うと思います。勿論アベチャンに直接文句を言ってやりたいけれど 総理のイスに踏ん反り返っておられますから 我々一般庶民の声など 全く聞こえていないのだと思います。
    取り敢えず現段階では 十万円というお金を一日でも早く受け取りたい方々が ネットで 申し込むページに入って 指示通りに入力して 申請の手続きをしたのだけれども 入力に不備がある確率が非常に高くて 本人に確認をしたり 訂正したりするのに 凄く大変な手間暇がかかるのだそうです。現金支給なんて受けるのは 誰もが初めての経験ですから 申請するためのページに 自分の情報を入力するのも初めてのはずです。そんなにたくさんの人が 正しく入力できないのであれば 明らかに入力するページを作成し その記入の仕方の説明文を作った人間に大きな責任があることは間違いないように思います。そんなずさんな仕事をして平気な顔をしている役人を統括しているのは アベチャンなのだから ここは当然アベチャンからごめんなさいの一言があってもいいように思いますが いつものように自分に都合の悪いことには 一切知らんぷりのアベチャンです。
    「桜を見る会」なんて 明らかに税金を使っての選挙運動違反を大々的に ごく当たり前のように 行っていたのですから 本来なら というか日本がまともな法治国家なら アベチャンは犯罪人として扱われるべきだと思います。自分のお金を使って 選挙民に接待するのなら ありきたりな選挙運動違反ですが アベチャンの場合 御国のお金を使って 選挙民を買収しようとしたのですから より罪が重いはずです。どうして これだけやりたい放題のアベチャンが総理のイスに踏ん反り返って座っていられるのでしょうか。昨今の 検事の定年延長問題にしても さすがに今回は アベチャンがきちんと告訴されそうな気配を感じたので 検察庁の大幹部に恩を着せて 大目に見てもらうために動いたのではないでしょうか。但しその検事が問題を起こした途端に 自分に都合の悪いことには いつものように知らんぷりのアベチャンです。
    悪いことをした人は きちんと罰されるべきだと思います。そりゃ私だって 正直言えば 正しいことばかりをして生きているわけではありません。人から後ろ指をさされそうな部分が 全くないとは申し上げませんが我々庶民がしでかす悪事なんて 可愛らしいものであり それ程人様にご迷惑をかけてはおりません。例えば 奥様と食事に行った領収書を 他の獣医師さんとの会食という事にして 接待交際費 つまり経費として計上して申告したりしたことが ないわけではございません。これだって 収入を過少申告して 税金をごまかしたことになりますから 立派な犯罪と言えるのかもしれませんが 別にそのことで何方にも迷惑はおかけしていないように思いますし 所得税が何百円か少なくなっているだけのことで それ程お国にもご迷惑をかけているとは言えないのではないでしょうか。検察庁の大幹部が 賭け麻雀をして大問題になっておりますが 一般庶民だって 子供じゃありませんから 麻雀をする場合安いレートでお金をかけたり ゴルフでも個人的に幾らか握ったりするのは 日常茶飯事の事で それ程問題はないように思います。但し検察庁の大幹部が 自粛を厳しく求められている時期に 法の番人である検察官がお金をかけて麻雀を それも新聞記者相手にするのは やはり問題がけた違いに大きいように思います。
    話を元に戻しますと 私はそれほど経済的に追い詰められておりませんので 十万円が確実に受け取れるのなら かなり先の話になっても全然かまいませんが 一日も早く受け取りたい方にとっては 大迷惑名ことであり 結局はアベチャンが無責任な仕事をしているからです。以前から 何度もこのブログに書いておりますが アベノマスクを郵送するときに ついでに十万円も届ければ マスクの到着を取り敢えずは国民が喜ぶことになるのではないか という話です。とにかく無能な犯罪人を 一日も早く総理の椅子から引きずりおろして 裁判にかけて その責任を厳しく追及して欲しいと 心底願います。

  • 5月24日 キャベツの価格が 凄く高くて困っています

    現在私は 病院で検査を受ける十日前なので 炭水化物禁止令が出ておりますので 野菜を中心に食べております。サラダのメインの野菜は キャベツをスライサーで千切りにして ドレッシングをかけていただいておりましたが 最近は かなり小さめのキャベツが300~400円もしますので 高くて 買う気になりません。キュウリも結構高いのですが 大袋だと一本が40円弱なので サラダのメインをキュウリに切り替えております。さらには さにいーレタスやグリーンリーフが 安い日には 買い込んでおります。とにかくキャベツがここの所高値で安定しておりますので 殆ど買いません。野菜ですから 天候によって出来不出来があるのかもしれませんし 最近のコロナ騒ぎで 自炊する方が増えたことも キャベツの高騰と関連しているのかもしれません。
    でも安いときには そこそこ立派なキャベツが100円前後で販売されているのに 小さな可愛らしいキャベツが 400円では なかなか売れないでしょう。まあお店としては 仕入れ値が高い場合 赤字を出してまでは売れないのでしょうが 総菜のように 閉店間際になると値下げシールを張られるわけでもないので 閉店間際でも商品棚に山積みになっています。けれど翌日になっても 値下げされているわけではありませんから けちん坊な私は 当分 自分の納得のいく価格がつくまでは キャベツは買いません。
    有難いことに キュウリやレタス それにトマトなどはそれほど高騰していませんので それらを中心にサラダを作ります。でもこれだけキャベツが高騰してしまうと キャベツが必須アイテムであるお好み焼き屋さんなどが 苦しんでおられるのではないでしょうか。自粛が徐々に解除されていっておりますので お好み焼き屋さんも商売をやっと始められることになったのだと思いますが 休業している間も売り上げがなくて 苦しんでおられたのでしょうが 直ぐに客足が元通りに回復するわけでもないでしょうし そのうえメインの材料費が高騰しては 厳しいのかなあ。それともメインの具材の豚肉やイカ エビに比べたら 価格的な比重が小さいので やっていけるのでしょうか。まあ他人の仕事の心配をしているほど 自分も余裕がないので お好み焼きが大好物の私としては お好み焼き屋さん頑張ってください と申し上げたいだけです。
    別にキャベツを作っておられる農家さんが 儲けようとして価格を釣り上げているわけではないのでしょうから 生産者さんに文句を申し上げているつもりはありませんが 野菜は時としてその価格が乱高下する不思議な商品なので 客観的には面白いです。私たちの仕事の料金は まあ当院はすこぶる安く設定しておりますが 予防注射や避妊手術など 開業当初に設定した価格を この三十年ほど変えたことがございません。勿論ワクチンなどの仕入れ価格が上がったり下がったりはしておりますが 仕入れ価格によって料金を上げたり下げたりしていては 病院に対する信用を無くしてしまいますので 辛抱して安値安定で 頑張っております。勿論高い方が儲かりますが 世知辛いこの世の中 安ければペットにしてあげられる予防をさぼらずに続けてあげよう という気持ちになっていただきたいので 料金を上げずに頑張っております。コロナ騒ぎで 収入が減少された方もいらっしゃるとは思いますが ペットの元気で長生きのために 出来る予防はしてあげてください。心よりお願い致します。

  • 5月23日 63歳の誕生日を迎えてしまいました

    今更ながら 冥土の旅の一里塚であるにすぎず 嬉しくもなんともございません。奥様からプレゼントに 前から欲しいと思っていたリトグリのアルバムを贈られました。大切に聴かせていただこうと思います。昨年のレコード大賞は よく知らないガキどものグループが受賞してしまいましたが なんだかいかにも話題性で盛り上げたくても選考のようで 納得がいきません。乃木坂の二連覇を期待しないでもありませんでしたが ナーちゃんが卒業して さすがに勢いに陰りが見えていましたし楽曲の出来栄え 歌唱力やこれまでの経験値などから言っても 絶対にリトグリが 大賞を受章すべきだったと思います。
    リトグリ というグループは歌の上手い女の子たちを集めて2012年に結成されましたが 割と結成当初から注目していました。初期のころには 結構メンバーが増えたり消えたりしていましたが 現在の五人になってから 落ち着いたみたいで より聞いていてハーモニーも安定してきたように感じております。私も 一つ目の大学時代 混声合唱団に所属しておりましたが 先輩に誘われて各パートから一人ずつの四人グループ「フォーエバー」というのを結成して 合宿の最終日の夜の余興大会などに 参加してアカペラで歌声を披露しておりました。ですから ゴスペラーズやリトグリは 大好きなグループで よく聴いておりましたし 応援もしておりました。ですから 昨年のレコード大賞が なんだか話題性だけでガキグループに持っていかれたのが 凄く悔しかったです。
    誕生日ですから 何か美味しいものでも食べに行きたいのですが 何しろ自分の病院の診察の十日前なので 炭水化物禁止令が出ております。ただ何にもないのは  寂しすぎるので ようやく自粛して営業していなかった
    「しゃぶ葉」が営業を再開しましたので お昼ご飯を食べに出かけました。お昼なので 豚ロース のみのコースをチョイスしました。シャブシャブですから お野菜がたっぷりと食べられますし 温まりますので 満足感も大きいです。ご飯ものも食べられますが 本日は全部パスして ひたすらお肉とお野菜をたっぷりと頂きました。タレに沢山の種類がありますので いろんな味を楽しめて 満足感が大きかったです。
    六十歳になってしまった時には 正真正銘の爺さんになってしまったと ショックだったのですが 還暦を通過してしまうと 割とあっさりしたもので 淡々と歳を重ねております。というか 何も考えずにあっさりと通り過ぎたほうが無難なので そうしているだけかもしれません。今の私としては 仕事を引退する時期がいつになるのかが 最重要な問題なのですが 父が健在なうちは 仕事を続けるように指示されておりますので あと数年は頑張らねばならないのかもしれません。現在93歳なので 予想としては とっくに父は無くなっていたはずなのですが 未だに元気でいて 当分亡くなりそうにありません。父の母は102歳まで頑張りましたので 同い年まで頑張られたら 正直困ってしまいます。まあ実の父親ですから 長生きしてもらいたい気持ちはありますので 最近やっと老人向けの施設に入ってくれました。環境が大きく変化して戸惑っているようではありますが どんどんその環境に順応していっているようで まだまだ頑張りそうです。父が予想以上に長生きするのなら 自分も頑張って長生きするしかありませんので 健康にだけは気を付けて 頑張ってご長寿さんを目指しましょう。

  • 5月20日 不本意な休日でした

    別に週に一回の休みなのですから ダラダラして ゴロゴロしながら過ごしても 別に構わないのだと思いますが 私の人生もそんなに長くないのでしょうから 出来たら有意義な休日に出来たら と日頃から考えています。天気も悪くないし 良い気候の季節ですから 屋外での活動 例えばバーベキューとかできれば 楽しい思い出になるし 食材や炭などの買い物から コンロのセッティングなどいろいろと準備もありますから 体もそれなりに動かしますので 有意義な一日となったはずです。なのに 本当にベッドの上でゴロゴロとしていて 病院の二階から ほとんど動かないで過ごしましたから 無意味な一日を過ごしてしまい もったいない過ごし方をしてしまったように思います。まあ一歩も外に出ませんでしたから 無駄なお金を一円も使ってはいませんが 患者さんも来ませんでしたから 一円の収入もございませんでした。
    せめて このブログの書き込みが どうしても現実の日付よりも遅れ気味になっておりますので 頑張って何日文化でも打ち込んで 追いつく努力ができていたら 一応仕事の真似事だけでもした気分になったのかもしれませんが 本日は パソコンに向かい作業することも 一切ありませんでした。ひたすら テレビの録画された番組がかなりたくさんたまっていたので 視聴しては消去する作業の繰り返しでした。最近は コロナの影響で ドラマやバラエティも再放送や リモート撮影によるつぎはぎ感満載の番組ばかりですから 全然面白みも新鮮味もございません。正直な気持ち つまらなかったので見なければよかったと 後悔する番組ばかりが録画されています。
    動いていないのですから 何も食べなければ まだいいのですが ゴロゴロしていてもやっぱりお腹は空くのです。私は六十年以上生きておりますが 体調を崩して 食欲が落ち込んだ記憶が 殆どございません。人生における大きな挫折 仕事の上での重大な失敗や 親権に惚れこんだ女性に対する失恋など 普通の人なら 凄く落ち込んでしまって 食欲も落ち込むはずの状況は 何度も経験しております。男なら 一般的にお酒を飲んで 憂さを晴らされるケースが多いのかもしれませんが 私はお酒が一滴も飲めませんから かえってやけ食い的に沢山食べて 辛い思いを振り払ってしまう場合が多かったので 辛いこと 悲しいことがあると かえって体重が増加してしまう という最悪のパターンを繰り返してまいりました。
    本日も 自分の病院に通う二週間前ですので せめて炭水化物だけは食べませんでしたが キャベツやレタス キュウリなどの野菜を中心としておりますが それだけでは美味しさを感じられませんので スクランブルエッグやウィンナーソーセージをトースターでこんがり焼いたものなどを加えて たっぷりと食べてしまいました。食べているものの素材的には血糖値を上げにくいものばかりだと思うのですが 量をたっぷりと食べてしまうので なかなか体重の減少に結び付きません。今年になっても なかなか体重の減量が進んでおりませんので お金を稼ぐ仕事は 割と順調なのですが 健康のための原料という目標は全然達成できておりません。
    コロナ騒ぎのおかげで 日本のかなり広い分野のお仕事が 苦しくなっている状況の中 ほぼ例年通りの売り上げを稼いでおりますので 金銭的な面での一年間の貯蓄目標にもう少しで到達いたしますから それは凄く嬉しいのですが 健康面での原料という目標が ここのところかなり長い間 全く進行しておりませんので 凄く残念です。結局は 自分を甘やかして 食べることを辛抱できない私自身の責任なのですが コロナ騒ぎで 俳句やカラオケなどの楽しみを奪われてしまっておりますので その鬱憤を晴らすのが 私の場合食べる事しかございませんので お恥ずかしいのですが自分を甘やかしております。別にスマートになって 女性にもてようなどとは この歳になっておりますので 考えませんが 元気で長生きするためには あと二十キロ以上体重を落とさなければなりません。長生きするために 本気で減量に取り組むためには 休みの日でも 出来るだけ体を動かすことが大切なので こんな怠惰な休日は 今後過ごさないようにしようと 決意しました。頑張ります。

  • 5月19日 父の我儘が止まりません

    三月末に 実家の玄関であおむけに倒れたまま 一晩明かして 冷たくなってから発見されて 救急搬送されましたので 一人暮らしがもう絶対に無理だと判断して かなり強引に説得して 老人向けの施設に入ってもらうことにしました。今まで父は 実家の広い家で やりたい放題の生活をしてきました。要介護一段階と認定されていましたので ほとんど毎日ヘルパーさんに来ていただきながら 何とか頑張って独り暮らしを続けておりました。十年以上も前から 私と妹は 父の状態を客観的にみて 一人暮らしは難しいと判断したので 何度も施設に入ることをすすめましたが そのたびに喧嘩別れになっておりました。さすがに今回のトラブルは 父にもこれ以上一人で実家で暮らすことが不可能であることを分からせてくれたみたいでしたが 病院から施設に案内した日から 施設で面倒を見てくださる職員さんに 実家に戻りたいと訴えるなど 前途多難を思わせる父にとっての新生活の始まりでした。
    それから 取り敢えずは新生活に必要な電化製品や家具 日用品を実家から持ち出すために 父のリクエストに応じて 実家とその施設を何度も往復しました 最低減のものは 病院から施設に移るときに 持ち出すために実家に立ち寄りましたが 時間は限られておりましたし ご近所さんたちがお別れのあいさつに尋ねてきてくれたりして 本当に必要なもの何品かしか持ち出せなかったので 仕方がないようにも思いましたが 持ち出したいものを 退院するまでに リストアップしておくように言ってありましたが 勿論入院中なのでたっぷりと時間はあったはずですが 半分ボケたのかもしれませんが 全然そのような準備は出来ていなかったことも 上手く必要なものを持ち出せない理由だったのかもしれません。
    父は今年93歳になりましたから 半分頭がボケていても 恥ずかしいことではないように思いますが プライドの人一倍高いので どうしても自分が大切なことを忘れて思い出せなかったり やるべきことがほとんどできていない自分の現状を 素直に受け入れて 自分の衰えを認める事が難しいようです。そんなに自分が 凄くだらしなくなっていることを全く自覚していないのに 自己主張だけは 相変わらず凄く強いので困ったものです。実家から何か持ち出してほしい場合のリクエストも 的確に表現できないので こちらが同じようなもの でも父の意図するのと異なる品を届けても ありがとうではなくて 文句を言うのです。
    コロナ騒ぎの最中の現在 施設からの外出も 自由には許されませんので 何とか入所したばかりで 必要なものを取りに帰ったり 買い物に行くためにとどうしても必要だからと頭を下げて これまでに二三度外出の許可をもらっていました。施設としては とにかくコロナウィルスを施設内に持ち込まれることが恐ろしいからだと思いますが なかなか外出の許可が出してくれないのはしょうがないように思います。そんな中 ようやく許された外出での時間を 出来るだけ有効に活用するために 二三日前に 今回の外出の大まかなスケジュールを伝えて 実家に戻ったら 持ち出す物や 欲しいものを出来るだけ具体的に明確化しておくように繰り返し伝えてあるのに 殆ど準備ができていないままに 外出してしまうので ひどいときには 何一つ新しく買い物ができないまま施設に送り返したことがありました。
    室内に置くテーブルと ゆっくりと寛げるイスが欲しい というので探して 三つほど候補に挙がったものを 実際に自分で座ってみて これがいいと自分で選んで決めたイスなのに 届けてもらって三日目に イスが固すぎて座り心地が悪いので 別のイスと交換してもらう 等と言い出しました。まだ二日しか使用していないのだから 他のイスと交換してもらえるはずだ 等と無茶苦茶なことを言い出すのです。購入したお店に その次に訪れた時に 一応父の言い分をお店の人に話しましたが その商品に大きな傷があるとか ひじ掛けが取れてしまったなどの 明らかな欠陥があるのなら 交換させてもらえますが 座り心地が悪い という理由では 交換に応じられません と至極まともな返答されましたので その旨を父に伝えましたが お前の交渉の仕方が悪いからだ 等と言い出します。
    その後 父が直接 若くて優しそうな女性の店員さんを捕まえて 自分の勝手な理論による主張を延々と聞かせて交渉していました。最後には 店員さんが折れて 本日新しい椅子を選んで購入されるのなら 先に購入したイスを引き取る という風に話がまとまったようです。父にしてみれば 自分の思惑通りに事が運んだので 鼻高々ですが 交換してもらえるのは 貴方が社会不適合者と判断されたから 大きなお店としては ごたごたを避ける為に 無理を通して道理を引っ込めただけのことですよ と言ってやると へそを曲げて不機嫌に黙り込んでしまいました。私は 父と話すといつもこんな風になるので なるべく話さないように心掛けていて なるべく奥様に会話してもらうように心掛けていますが つい私が口をはさんだので 案の定喧嘩になってしまいました。
    そんな風に 偉そうに踏ん反り返っているくせに 実家から持ち出す貴重品として 実家の権利証や実印 銀行の通帳 保険の証券などがどこにあるのか サッパリ覚えていないのです。寝室の押し入れに不似合いな位に大きな金庫がありますから 大切なものは まとめてそこに保管してあるのか と尋ねたら その金庫は出し入れが面倒なので 金庫の中にはあまり大切なものは入れていない という事でした。押し入れのかなりのスペースを占領している大きな金庫に なぜそんな日常生活では必要のない 大切なものを保管しておかないのか 不思議だし それらの大切なものがどこにあるのか あやふやなのに どうしてそんな風に偉そうに踏ん反り返っていられるのか まるでさんざん悪事を働いておきながら 偉そうに総理のイスに踏ん反り返っているアベチャンみたいだと思いました。
    次回の父の外出がいつ頃許可されるか分かりませんが 実家の大切なもののありかは分かっているから大丈夫だと言い張る父の言葉が本当であることを祈りながら 実家訪問をしてみようと思います。ちなみに実家の金庫は ダイヤルがついていて番号式の上に 鍵穴がありますから 金庫のためのカギが必要みたいですが 金庫の鍵だけは持っているみたいですが 番号をメモした紙が行方不明なのだそうで そのメモを次の外出時までに 見つけておくように言ってありますが 多分見つからなくて そのことを咎めたら また喧嘩になってしまうのだと思います。本当に面倒なジジイですが 実の父親ですから 亡くなるまでは面倒を見なければならないのだと思います。まあこの歳になると 皆両親の事では 煩わされたり 悩まされたり 散々しているみたいなので 私も出来る限りは頑張って 向かい合っていこうと思っております。

  • 5月18日 本日は 語呂合わせだと思いますが 毎月頭髪の日と言われているのだそうです

    今朝 お風呂に入った時に 排水溝が詰まったかのように ふろの湯がスムーズに排水されないので 排水溝の受け皿を久しぶりに覗いてみたら 私から抜け落ちた かなり白っぽい髪の毛が たくさん詰まっておりました。私は 昔から 自分の容貌が 凄く悪いことを自覚しておりますので 身なりには あまり気を使わないようにしております。私のように 不細工な人間が いっちょ前に お洒落に気を使うなんて 百年早いわ と考えてしまうからです。まあ一応動物病院を経営しておりますので 飼い主さんに対しての接客が 仕事の基本なので 不潔にはならないように 着ている服もこまめに洗濯しておりますし 無精ひげなどには気を付けております。何しろジジイですから どうしても加齢臭がしているかとは思いますが 朝一でお風呂に入って なるべく妙なにおいが漂わないように 心がけてはおります。
    整髪料の類も これまで殆ど使ったことがありません。思春期の高校生のころには クラスの友人たちが ヘアートニックやリキッドなどの整髪料を 当たり前に使っておりましたが 私は自分なんか 髪を櫛やブラシでとかして調える事さえ 烏滸がましいと考えておりましたので 寝ぐせがあまりにはねまくっているときは さすがに水を付けて 何とか落ち着かせようと試みましたが 当時は髪の毛にボリュームと勢いがありましたので 手櫛で何とかなるような状態ではありませんでした。高校に入って クラスに好きな女の子ができた時には さすがに整髪料を使いたくなりましたが 母親に自分のための整髪料を買ってほしいなどとは 恥ずかしくて頼めなかったので 父親が使っている整髪料をこっそりと拝借しておりました。ただ整髪料を 頭に振りかけると 当然かなり香りが漂いますから 当然家族には 自分としてはこっそりと 整髪料を拝借しているつもりでしたが バレていたのは間違いないでしょう。
    大学時代に 混声合唱団に入って 合宿に出かけた時には 皆が当たり前のように 自前の整髪料を持参していましたし ドライヤーなども殆どの人が自分で使うために持ってきていたのには 驚きました。うちでは 妹が髪が長かったので ドライヤーを使用しておりましたが 父も母も短髪だったので ドライヤーなんかほとんど使用していませんでしたし 私はドライヤーに触ったこともないので 何処にスイッチがあるのかさえ知りませんでした。まあ二十歳前後の 一番自意識が過剰な時期ですし メンバーの半分は 女の子でしたから 自前の整髪料持参は 当然だったのかもしれません。
    私は うっかり自分の整髪料を忘れてきた という体で話をして 風呂上がりにそばにいた 先輩や後輩から借りて 頭に振りかけておりました。一つ目の大学時代は 私の人生で一番髪が長かった時代です。当時のはやりでしたし 男でも美容院でカットしてもらうやつが少なからずいましたから そのことを知った時には驚きました。まあカットしてもらうだけなら 理髪店に行くよりも安上がりだから という理由で通っているやつも結構いました。何しろ立命館に通う連中でしたから 皆経済的には余裕がありませんでした。
    ですから その頃の私は 結構長髪で 耳が毛で隠れて見えないぐらい 襟足も結構長くて 首がほとんど見えない程度の長髪でした。とはいえ 私は昔も今も 髪の毛が 太くてジャリジャリしていて 風呂上がりにバスタオルでごしごし拭けば 直ぐに殆ど乾いたような状態になりました。ですからドライヤーを使用する必要も全然ありませんでした。ただ 合宿に参加したほかのメンバーが 皆風呂上がりにドライヤーを当然のように使用していたので 私はまた さも忘れてきて困っているので 使い終わったら貸してもらって 使用しておりました。但し 直ぐに乾いてしまう髪質だったので 早く貸してくれないと 髪が乾いてしまう と思いながら 友人が使い終わるのを 順番待ちしたものです。
    現在も ごくたまに 久しぶりに友人と会うようなときには 最低限の礼儀として 整髪料を頭に振りかけます。ただその時にいつも悲しい現実と遭遇してしまいます。若いころには 私は髪の毛が多すぎてうっとおしいと考えておりましたので 頭に整髪料を振りかけて その瓶のふたを閉めてから 頭に手をやり 整髪料を馴染ませておりました。所が 現在は 頭に整髪料を振りかけるとすぐに その液体がおでこの生え際まで垂れてきて 早くしないとおでこを伝って眉毛に到達して住まうのです。現在は 髪の毛のボリュームが 相当にダウンしていることを 思い知らされるようで とても悲しい気持ちになります。
    私は 若いころから 結構白髪がありました。白髪が多い人間は あまり禿げない と言われておりました。現在は かなり白っぽいグレーになってしまっておりますが 年相応にボリュームダウンもしてしまっているので うっかりすると鏡を見ていて 頭の地肌がかなりはっきりと見えてしまい 思わず目をそらすことが時々あります。同年齢の友人たちでも かなり蔓っと言ってしまっているものが少なからずおりますから 致し方のないことだとは思いますが やはりこんな現実と 正面から向き合う勇気がございません。太っているのは 努力したら ダイエットできるのかもしれませんが 頭髪の減少はどうしょうもありませんし 取り返しがつかない現象だと自覚しております。残り少ない白髪を大切にしていこうと本日改めて思いました。

  • 5月16日 緊急事態宣言が 段階を踏んで 徐々に解除されていくみたいです

    解除 という言葉が適切なのかどうか疑問です。解除されてしまったら 緊急事態ではなくなったのでしょうか。大体 この宣言が出されるずっと前から 国の状態としては緊急事態だったわけだし 大阪府はまだですが 解除された各県が現在もまだ十分に緊急事態と言えるように思います。日本の場合 極端にコロナ感染症の検査を受けている数が少ないので 表面的に感染症と診断されている患者さんの数が 少なくなっているだけだなのではないかと思ってしまいます。このブログで何度も書きましたが 外出を極端に制限して 他人との接触を大幅に制限すれば 確かに人から人への感染という現象は 少なくなるのかもしれませんが この感染症問題の 根本的な解決には 全然近づいていないように思います。これまた繰り返し表現してきましたが 臭いもにきつくふたをしたので 現在の所その臭いにおいが幾らかましになっただけのことだと思います。
    一旦 確認された感染者数が 急増して 右往左往しながら 何とか医療崩壊を未然に防ごうとして ワクチンの開発や特効薬の発見といった 根治療法ではなくて 取り敢えず人同士の接触を制限して 感染者数を抑える対症療法を頑張って 見た目の確認される感染者数だけ減少したら この感染症騒ぎが終息したと勘違いして 人の接触の制限を緩和した途端に またもや確認できる感染者数が 直ぐに増加してしまうという 誰でも予想できる単純なシナリオに 日本も当てはまろうとしているようで 残念です。
    日本よりも早い時期に 終息したと勘違いした中国や韓国で 再び感染者数が増加しはじめています。中国は自分たちに都合の悪いことは 徹底的に隠ぺいするお国柄ですから 今の所第二波が到来していることを 隠していますが そのうち隠しおおせなくなってしまうように思います。韓国は とにかく検査数を馬鹿みたいに増やして 感染症をコントロールできたと勘違いしているみたいですが 検査というのはあくまで その人間が感染症に罹っているか否かを判断するだけのことですから 二次感染を未然に防ぐために役に立つことは認めますが 根本的な感染症対策ではないことは 絶対に間違いないと思います。
    日本でも ゴールデンウィーク明けから 明らかに人出が増加していますし やっと開いてくれたお店には 行列ができていますから もう少ししたら またもや確認される感染者数が増加することは 間違いないでしょう。これまでに 世界的に流行した病気の 安全性の確認されたワクチンや特効薬が開発されて 十分な量生産されるまでには 少なくとも数年かかっています。ですから この病気が 本当の意味で終息を迎えるのは 数年先 つまり東京オリンピック問題は 一年延長しましたから 取り敢えずは棚上げされていますが 現実に開催されることは 夢のまた夢だと思います。
    否定的なことばかり書いてしまいますが なんだか日本人全体が 緊急事態から脱出できた と勘違いして浮かれているのが とても残念に思いますので 書いてしまいました。私の予想が 全部大外れで 大ウソつき野郎と罵られる結果になってくれた方が よっぽど嬉しいです。

  • 5月15日 砂糖と塩を間違えてしまいました

    ジャガイモが安かったので そこそこの量をまとめ買いしました。本日 ポテトサラダを作ろうと思って ピーラーで皮をむきました。私はいつもジャガイモの皮をピーラーで剥くので メークインを選びます。男爵イモの方が ほくほくして美味しいのだけれど デコボコしていてピーラーで皮をむきにくいので 療法が似たような値段で売っている場合には 大抵メークインを選んでしまいます。本日もボールに水を張って そこにじゃがいもを浸して 皮をむき 適当な大きさにカットして お鍋に水を張り レンジで加熱して茹でました。その時に 塩の入れ物から塩をスプーンですくって 鍋に放り込みました。サラダにするジャガイモですから 軽くした味がつくように たっぷり目に塩を放り込みました。続いて 人参の皮を同じくピーラーで剥いて スライサーで薄切りにして 同じお鍋に放り込みました。
    しばらくグツグツとしてから 火の通り具合を見ようとして 浮かんでいるニンジンを一切れ味見がてら口に含みました。幾らかしょっぱいはずだと思っていましたが 存外甘く感じましたが 人参自体が甘いのかもしれないとしか思いませんでした。少しニンジンが固かったので 更に数分に混んでから 火を止めて鍋の水を切り 更に弱火で加熱して お鍋をよく振って 粉ふき芋にしました。よく水を切ってから ボウルにうつして キュウリとサニーレタスを刻んだものを加えました。さらにハムを短冊切りにして加えて 今日は胡麻ドレッシングの気分でしたので そのドレッシングをたっぷりと振りかけてサラダを仕上げました。
    普段なら 調理する途中で 何度か味見をするのですが 本日は 特に理由はないけれど 味見をしないままに仕上げてしまいました。まあポテトサラダは 自分の好物ですから これまでに何度作ったか分からないぐらいですから 味見の必要もないように思ったのかもしれません。具材とドレッシングを よく混ぜ合わせて 皿に盛りつけて 食卓に運び テレビをつけて食べ始めました。一口目で 驚いて「何じゃこりゃ」と叫んでしまいました。いつものポテトサラダと全然味が異なるのです。私はどちらかというと しょっぱめの味付けを好むので 心臓が悪いので気をつけねばならないことは 重々承知していますが ついついドレッシングなどを大目に振りかけてしまうのです。
    所が 本日のサラダは 思いっきり甘いのです。もう一度 台所に戻って 調味料などを確認しました。本日使用したのは ジャガイモをゆでるときに放り込んだ塩と 最後に胡麻ドレッシングを振りかけただけです。その時 嫌な予感を感じながら 塩の入れ物だと思っていた白い粉を舐めてみたら 何と砂糖でした。塩にしては しっとりとまとまっているなとは思いましたが まさか塩と砂糖を間違えるなんて 間抜けなこと 何時も料理している自分の台所で間違えるはずがないと 信じ込んでいました。よくない事だとは分かっておりましたが 塩と砂糖を全く同じ形で色の入れ物に保存しているのです。
    普段なら あれ どっちだったっけ と思ったら 僅かにつまんで舐めてみて確認するのですが 本日はなぜか確認をしないで 塩のつもりで 自信をもって砂糖を鍋に放り込んでしまったのです。勿論 100パーセント私自身が 悪かったことは 重々自覚しておりますが どちらかというと得意料理の部類に入り そして大好物の一つであるポテトサラダの味付けで 大間違いをしてしまったことは 美味しいポテトサラダを食べそこなったこともありますが 情けないミスをしてしまった自分に対して感じる不甲斐無さに かなり落ち込んでしまいました。今日は ショックで買い物に出かける気力もありませんが 明日スーパーでまずは塩を購入して そして砂糖と塩の入れ物に どちらかに目印のテープでも貼って 今後絶対に間違わないようにしようと思いました。
    砂糖と塩を間違えての大失敗と言えば 私がまだ小学生の頃ですから 五十年以上前の出来事ですが すき焼きで砂糖と塩を勘違いして凄く家族みんなで 後悔したことがあります。ある日 お歳暮に上等のすき焼き用のお肉を頂きましたので 届いた次の日曜日の夜に すき焼きを作る用意をしました。当時 すき焼きを含めて お鍋料理と言えば 日曜日の夜に 父親が鍋奉行となって 皆でお鍋を囲むのが 林家の恒例行事になっておりました。普通のお鍋の場合 御出汁を取り始める所から すき焼きでいうとお肉を焼き始める所から 〆の雑炊や うどんを入れるタイミングまで すべて父が取り仕切っておりました。父の取り仕切るお鍋しか食べたことがなかったので 本当は母が 作ってくれた方が 美味しかったのかもしれませんが まあみんなそれなりに満足はしておりました。
    その日 いつもよりも上等の肉だからか いつもはお鍋を囲む居間まで コンロを出してきて炬燵の上にセッティングしてホースをつないだり 材料や調味料を運ぶのは 子供の役割でしたが 父が率先して準備をしていました。その為に間違いが起こったのだと思いますが その頃の父は 家庭内で今のアベチャンのような絶対的権力者でしたから 誰も逆らえず 誰も否定的な意見を発言できませんでした。すき焼きの作り方は 覚悟家庭によって それぞれに違いがあるのかもしれませんが わが家では すき焼き鍋をしっかりと過熱してから 牛脂をこすりつけて 油を馴染ませたら まずはお肉だけをしっかりと焼きます。次に醤油と砂糖をたっぷりと加えて ぐつぐつしだしたら 水を加えて 豆腐や糸こんにゃく ネギやえのきなどの野菜を放り込んで しばらくぐつぐつしたら 取り敢えず第一陣は出来上がり といった流れでした。
    その日もいつもと同じようにぐつぐつと出来上がりましたので 器に生卵を溶いて 皆が一斉にお鍋に箸を伸ばしました。いつもよりも上等なお肉ですから 普段でもすごくおいしいすき焼きが どんなに美味しく出来上がっているのかと ワクワクしながら頂いたら すき焼きの甘ジョッパイ味のはずが めちゃくちゃにショッパイのです。原因は明らかに 砂糖のつもりで入れた調味料が塩だったことに 誰もがすぐにわかりましたが 砂糖だと思って 塩の入れ物を持ってきたのが 父だったので まだ結果的によかったのかもしれません。父も自分がしでかしたミスが いつもよりも上等のお肉を使ったすき焼き という特別な料理を台無しにしてしまったことが明らかでしたので 誰も責められませんでした。
    結局 そのままでは塩辛くて食べられませんので 美味しくないことは分かっていましたが 材料をザっと水洗いしてから もう一度いつもの味付けで炊き直しました。肉や野菜の旨味は すべて洗い流されてしまって 美味しくは全然ありませんでしたが 絶対君主である父のメンツを立てる為に 皆で黙ってその出がらしのまずいことこの上ないすき焼きを食べました。家庭内で起きた料理の大失敗は 後にも先にもこの時だけでした。勿論その後すき焼きをするときには 誰かが必ず 砂糖か塩か舐めてみて 確認するようになりました。あの時の上等のお肉を食べそこなって いつもよりもずっと不味いすき焼きを食べましたので どんなに時間を経過しても 昨日のことのようにはっきりと記憶しています。
    本日のポテトサラダの失敗は すき焼き事件に比べれば 大したことはないのかもしれませんが 今後砂糖と塩の容器にはっきりとしるしをつけて 間違いを起こさないように処置することは 間違いありません。次にポテトサラダを作るのは やっぱりジャガイモが安売りしているのをまとめ買いした時でしょうが 美味しいポテトサラダを早く食べないと 私の気持ちがおさまりませんので 案外早い時期に作りそうに思います。