Dr.喜作のブログ

2023年1月 の記事一覧

  • 1月21日 昨夜深夜に 二件急患が来られたので 正直な所 眠たいです

    夜間に救急の患者さんが来られることは 珍しくありませんけれど 二件重なることは 珍しいのです。お一人目が 抱っこしていて 飛び降りてしまい 片足ビッコをひいているという事で 来院されました。近所の方でしたので 電話がかかってから まもなく駆けつけてこられました。床の上を歩かせてみると 右の前足を明らかに浮かせて ビッコをひいています。落下事件が起こったのは 二時間ほど前の事なのだそうですが 視診した所 腫れも見られず 熱発部位もありませんでした。それらしい部位を触診しても 特に痛がることはありませんでしたので 単なる打撲若しくは 軽度の捻挫と診断しました。レントゲンを撮っても 異常を発見できないでしょうし 血液検査を行っても まだ異常が発現するほどに時間が経過していないと思いましたので 取り敢えずは 小さなかごに入れて 半強制的に休ませるケージレストをお勧めしましたが 普段からかごに入れると 脱出しようとして 凄く暴れるという話でしたので 諦めました。仕方がないので 添え木を伸縮性のある包帯で装着して 口で外さないようにエリカラーまで装着することにしました。
    装着してしばらく様子を見ましたが エリカラーも添え木もそんなに嫌がるそぶりがなかったので この状態で出来るだけ安静にしてもらって 塗り薬と内服薬で 消炎剤と抗生物質を投与して 様子を見る事にしました。なるべく大人しく過ごしてくれれば 数日で症状が治まるだろうと期待しております。
    何とか治療を終えて その後片付けをして 二階に上がり 寝間着に着替えて 布団に潜り込もうとしたときに また電話がかかってきました。小型犬が嘔吐と下痢を繰り返して ぐったりしているというので来院していただきました。昨日の夜中から 症状が始まったとの事でしたが どうしてまたこんな真夜中に電話してくるのかと 不思議に思いましたが 夜までは 普通に元気にしていたのだそうです。嘔吐物と下痢を持参してもらい 診てみましたが 嘔吐物は 胃液のみを吐き出していましたし 下痢はかなり頻度が高かったみたいで 泥状の血下痢になっていました。検便をしましたが 特に虫卵や遺物は見つかりませんでした。血液検査をすると 当然脱水を示す項目が上がっていましたし 総蛋白と白血球が相当に高かったし 発熱してぐったりしていましたから 消化器系での細菌による感染症で その症状が全身にまで及んでいるのであろうと 診断しました。
    取り敢えずは たっぷりと皮下点滴をして 制吐剤や下痢止め 抗生物質と消炎剤を 点滴に混注して 投与しました。夕方までの分は 薬を注射で投与しましたので それまでに何とか嘔吐が鎮まってくれていたら 何とか内服薬が使えるであろうと期待して 抗生剤、消炎剤 制吐剤 整腸剤を 二種類のシロップにして 投与しました。たっぷりの量の点滴で 栄養分と水分が補われるでしょうし 投与した薬剤が期待通りに効果を発揮してくれれば 夕方には何とか嘔吐が治まってくれるでしょうから 内服薬の投薬と消化しやすい食餌を接種してくれることを信じてお返ししました。
    二件とも 飼い主さんが凄く心配されての来院でしたから 対応させていただいてよかったのだとは思いますが おかげで私の睡眠時間がだいぶ削られてしまいましたので 本日は午前中から 欠伸を繰り返しておりました。まあそこそこの売り上げにつながりましたから 正直な気持ち有難くもありましたが 出来たら昼間に来院していただきたいものです。

  • 1月20日 何故かミルクティーばかり飲んでおります

    私はもともとコーヒーか紅茶かと問われれば 何となくではありましたが 紅茶と答えていたように思います。大分昔には コーヒー通と呼ばれたくて 手動のミルやサイホンを購入して コーヒー豆を購入しては そこそこ面倒な作業をして 有難がってコーヒーを頂いていた時期がありました。私は料理の微妙な味付けの違いは そこそこ見分けられるように思っておりますが コーヒーの香りと味の違いは サッパリ判別できませんでした。何種類かの豆を購入して 同じようにコーヒーを点てて その違いを見極めようと 何度も試みましたが 結局は 運が良ければ当たるけれど 運に見放されたら サッパリ当たらない という悲しい結論に達してから コーヒーを極めようという方向を諦めました。
    しばらくしてから 紅茶党の テレビのヒーロー 杉下右京さんや パトリックジェーンさんに憧れて 今度は何とか紅茶の銘柄の判別に挑戦しました。コーヒーよりは 何となくですが違いは理解できますが かといって銘柄に辿り着くところまでは 行けず結局こちらも判別不可という結果に終わりました。私は 筋金入りの味音痴 香り音痴なのだと思います。結局現在は インスタントのコーヒーやティバッグの紅茶ばかり飲んでおります。まああんまり難しく考えないで 美味しくて楽しければそれでいいじゃないかと思っております。
    毎月月初めにインスタントコーヒーと紅茶のティバッグを同じ回数分ぐらい用意しているつもりなのですが 月末になると 大抵紅茶の方が 早く底をつきますから 私は無意識に その日の朝の気分で 紅茶かコーヒーを選んで 保温できる水筒にたっぷりの量 作るのですが どうやら紅茶の方が 沢山選んでいるようです。それから ミルクティーとレモンティーだと 圧倒的にミルクティーをチョイスしているみたいです。普通の方の場合 暑い夏場は 爽やかなレモンティーをチョイスされることが多いのかもしれませんが 私は夏場でもやはり ミルクティーを好んで飲んでおります。ですから年間を通して 一番飲んでいるのは ミルクティーだと思います。お酒を飲めない私としては 一番甘ったるいミルクティーが 一番口に馴染み易いのだと思います。
    いつかは違いの分かる 渋いジジイになりたかったのですが 何時まで経っても 味音痴香り音痴な 無能なジジイにしかなれませんでした。残念。

  • 1月17日 阪神淡路大震災から28年が経過したのだそうです

    その日の朝五時過ぎですから 当然眠っておりましたが 大きな揺れを感じて 目を覚まし 直ぐに飛び起きて 台所に行き 背の高い食器棚と本棚の間に立ち その二つが倒れないように 手を添えて立ちはだかっていたことを 割と鮮明に覚えております。後から考えたら 非常に危険な事をしてしまったと反省しましたが 取り敢えずは食器棚と本棚は 何かが転がり落ちたりしないで 全く被害が出ませんでした。揺れが止んだのを確認して 直ぐにテレビをつけました。NHKですぐに地震速報を流していました。神戸の辺りを中心に大きな被害がでたことを伝えていました。
    落ち着いてから 一階の病院に降りてみると 薬棚から 小さな薬品のプラスチックケースが転がり落ちておりましたが それ以外は異常ありませんでした。震源地から結構遠く離れた枚方では 殆ど実害はなかったのではないでしょうか。それからしばらくは テレビのニュースは 拡大する一方の被害状況を伝えるばかりで 日本全体が暗い雰囲気に包まれておりました。毎日毎日 被害で亡くなられた方の数が増え続けて 他人事にはあんまり興味を持たない私ですら 悲しくなり深く落ち込んでしまいました。
    神戸の街は 三十年近い年月の末 知らないものから見たら 以前と同じように復興してしまったように思っておりますが お亡くなりになられた方は 戻っては来られません。私は個人的には この震災によって 殆ど被害を受けておりません。獣医師会から派遣されて 現地のペットの救済所を訪問したことがあります。たった一日だけでしたが 被災地に立てられた バラック小屋にケージが並べられ 犬や猫がひしめいていました。劣悪な環境ですから 預かってもらっていても 体調を崩す子が多かったので 一日だけお伺いして 点滴や投薬の準備やお手伝いをしました。
    たまたま震源地が神戸だったから 自分は殆ど被害を受けずに済みましたが 震源地が枚方の近辺であったなら 自分が 働くところや 住むところを無くして 路頭に迷っていたのかもしれません。改めて 震災被害の恐ろしさを痛感したのを覚えております。こんな大事件 時間の経過とともに 風化させてはいけないと思いながらも 実害を受けなかった身の哀しさか ドンドン忘れ去ってしまっておりました。ニュース番組などでも 割とサラッと扱われていて 人々の関心の薄さが反映されているようで 残念でした。日本は地震大国なのですから 何時になっても 何処に住んでいても 自分が被災者になる可能性はあります。常にそのことを念頭に生きていくべきだと 思いました。

  • 1月15日 高速道路の無料化は 夢のまた夢になってしまったのだそうです。

    確か大分前に 2050年までに 建設費を返済し終えるので それ以降は無料化されるような話だったと思います。その後トンネルの老朽化による事故が起こって その巨額の対策費のために2065年まで無料化される時期が延長されたように思っておりました。所が 高速道路全体の老朽化によって 全体の補修が必要であることが判明したために2115年まで 無料化されることが延長されてしまったのだそうです。正直2050年の無料化でさえも 少なくとも自分が運転できる年代では ありませんでしたが 2115年まで 延長されてしまうと その頃になると 高速道路そのものの建て替えが必要になるのでしょうから 結局日本での 高速道路の無料化は 夢のまた夢となってしまったように思われとても残念です。高速道路は 建設された当初から いずれ建設費の支払いが終えられたら 無料化されると 言われておったように覚えております。今考えると 実現し得ない 無料化案は 気持ちよく利用料を支払わせるための 嘘だったのではないかと思えて 凄く腹立たしいです。道路何て 年月が経てば 補修は絶対に必要だし 寿命を迎えたら 作り変えなければなりませんから 現実的には 無料化なんか最初から できるはずがなかったように思います。国ぐるみで 国民を騙すような方法は 出来たら今後止めて欲しいと思いますが まあ無理な話なのでしょう。

  • 1月13日 卵の価格が上がっていると思っていたら 鳥インフルエンザの影響だったみたいです

    あまり話題になっていなかったように思いますが 今年の鳥インフルエンザの流行は かなりひどい状態らしくて 養鶏場でかなりの鶏が 殺処分されているみたいです。被害を受けているのが 主に 採卵鶏だったみたいで 卵自体がかなりの品薄になっているのだそうです。なので 必然的に販売価格が上昇しているのだそうです。卵はこれまで「物価の優等生」と言われ続けておりました。確かに私が子供の頃から 鶏卵はブランド名が付いた特別な種類を除けば 一つ十円+アルファ を維持しています。運送費や包装パックの価格上昇を吸収して この低価格を維持しているのは 養鶏家さんたちの 素晴らしい努力の賜物だと思います。私が子供の頃の価格でよく覚えているのは 例えば食パンの場合 私の家で購入している種類は 確か四五十円でした。現在はその二三倍になっているみたいです。通信費でいうと 葉書が七円 封書が十五円だったのがやはり数倍に高騰しています。バスの料金が ほんの数十円だったのが やはり四五倍になっているように思います。
    なので 物価の優等生の代表選手であった 鶏卵が品薄のために幾らか価格上昇したからと言って 目くじらを立てる必要は 全くないように思います。ただ 私は卵が大好きですので 早く鳥インフルエンザの影響が消えて 価格が元に戻って頂くことを期待いたします。私は 養鶏業界の事情を殆ど知らないので 気楽なことを書いておりますが 一か所の養鶏場で 十万羽以上殺処分した所もあったみたいです。処分する費用 処分した鳥の後始末にかかる費用などを考えたら 経営者の方の心痛は 想像を絶するものだと思います。鳥インフルエンザに感染するか否かは 殆ど運次第みたいに思えますから 経営者ご本人には 一切責任がないように思います。少しでも早く立ち直られることを 心よりお祈りいたします。

  • 1月10日 十日戎の日のようです

    以前は 動物病院とはいえ 自営業ですから あまり大っぴらには 言えませんが 商売繁盛を願って 恵比須様をまつった神社に お参りして 飾り物をそこそこぶら下げた福笹を購入して 病院の医局に飾ったりしておりました。ただもう病院を何時閉めるかばかり考えておりますので 昨年と今年は お参りに出かけないつもりでおります。病院を営業している限りは 患者さんにお越しいただくことを期待してしまいますが どのような形で 何時頃閉院するかしか考えていないこの頃 商売繁盛を願う気持ちにはなれないからです。未だに具体的に何時頃 どのような形で という点が私の中でも 明確になっておりませんが 少しでも早く仕事を終えたいという気持ちは ここ数年変わっておりません。お世話になった方々に キチンとご挨拶をしてから 後を濁さないような形で とばかり考えております。最後の日まで どうぞ宜しくお願い致します。

  • 1月7日 本日は七草がゆを食べる日です

    毎年 七種類の草の名前を覚えようと努力して 一時的には覚えたつもりになるのですが 一年たつと忘れております。自分の記憶力が ドンドン衰えているのを 実感させられるようで 何となく悲しくなります。セリナズナゴギョウハコベラまでは何とか覚えているのですが ホトケノザという馴染みのない名前を忘れてしまいます。最後の二つ スズナ スズシロはなんとかかんとか 記憶に残っています。ついでに秋の七草も覚えておこうとするのですが こちらは 七草がゆのように 実際に接することが殆どないので あっという間に忘れ去ってしまっております。
    私が子供の頃には 無かったように思いますが ここしばらくは スーパーで 七草がゆセットみたいなものを目立つところで 販売しております。何度か 買って帰って 普通に炊いたご飯に水を加えて グツグツ炊いて七草を加えて 七草がゆを拵えて食べたことがあります。何となく昔からの習慣は 踏襲しておいた方が 幸せになれるのではないかと 思ってやってみたりもしましたが 自分が全然幸せだとは思えないので止めてしまいました。
    節分の豆まきも 人にものを投げつけるのが良くない とか 鬼が登場すると子供が怖がるから良くない等と言われて ドンドンその形を変化させられているのだそうですが 何百年も続いてきた風習を 現代の薄っぺらい 物差しに当てはめて 習慣を変更するのは 如何なものかと思います。私の大嫌いな ハッピーマンデー法もしかりですが 祝日というものは そもそもの謂れがあって その期日を祝いましょうという事で制定されたはずなのに 単に連休を増やしましょうと言う浅はかな考え方で 毎年祝日の期日が変わってしまうのは 非常に愚かな話だと思います。
    豆まきに鬼が登場して 鬼という恐ろしい存在 邪気を豆をまいて追っ払おうという意味合いの風習なのに 肝心の悪役の鬼が登場しないのでは 何のための豆まきか と思ってしまいます。何時の時代にも 愚かな事を言い出すおバカは 何処にでもいるものでしょうが そんな愚かな提唱を何にも考えないで受け入れてしまう 愚かな日本人たちにも 情けなさを痛感してしまいます。いまや 世界中を見回しても 馬鹿みたいにマスクを常に装着しているのは 日本人だけのように思いますが 日本では一向にマスクを取って生活しようとはなっていません。日本人は もう少し普段の行動に対して 何故そうするのか という意味合いを考える習慣を身につけるべきだと 思います。単純に皆がそうしているから 皆と合わせた行動をしていれば 安心だという事で 周囲に同調する事しか 考えない情けない日本人の国民性が私は大嫌いです。

  • 1月6日 お恥ずかしい話ですが 久しぶりに排便出来て ホッとしております

    私はどちらかというと 自慢ではありませんが 慢性的にウンチが柔らかめです。なので 便意を催したときには 慌ててトイレに駆け込まねばパンツを汚してしまうピンチと常に戦う質の人間です。所が お正月に どうしても炭水化物を中心とした 食事をしてしまったためか ここの所大便が必要以上に難くなってしまっておりました。一昨日の昼に 頑張って気張って 排便したのを最後に 便が出なくなってしまったのです。直腸から肛門の辺りに 固くて大きな塊が存在するのは 間違いありませんでした。なので 常に便意を催している状態でしたが 物理的に硬くて大きなウンチが詰まってしまって 出すに出せない状態に陥っておりました。
    女性は どちらかというと便秘気味の方が 多いように思います。以前働いていた病院の同僚の女性が 常に便秘に悩まされていて 一週間ぶり 十日ぶりにやっと排便出来た という話をしょっちゅう聞かされておりました。若いころからずっと慢性的 というか恒久的な便秘に悩まされていると嘆いておられました。私は柔らかくて 常にパンツを汚さないかと心配しておりましたので それなりに悩んでおりましたが 便秘の苦しみに比べれば まだましな状態だなと 少し安心したりしておりました。
    そんな私なので一日に一回も排便しないという事は かなりの異常事態でした。一昨日に排便したのを最後に 昨日は何度も排便しようと 便座に座るのですが 幾らいきんでみても 固くて大きな便が詰まってしまった状態が改善されないので 結局ほんの少しも排便出来ませんでした。水をタップリと飲んだり 軽い下剤を飲んだりしてみましたが 肛門付近の状態は 改善してくれませんでした。
    それが 本日 仕事が終わって 病院のシャッターを閉めようとしていたら 不意に便意を催してきました。普段なら慌ててトイレに駆け込まねばならない状態でしたが 昨日今日は そんな状態になっても いざ便座に座ると うんともすんとも排便出来ないのを繰り返しておりましたので 開き直ってシャッターを閉める作業を進めておりました。すると 何と肛門を便が通過するときの 懐かしい感触が 蘇ったのです。シャッターをキチンと占める為に 力を入れた所 悩みのたねっだった 塊うんこが 上手い事肛門を通過してくれたのです。
    還暦を大分杉田 くそジジイが パンツの中にウンチを漏らしたのですから 本物の糞ジジイになってしまったのですが 人生で初めての糞詰まり状態を 何とか解決できましたので 本当に凄くホッとしました。そのまま慌ててトイレに駆け込んで パンツをそっと脱いで ホカホカのうんちをトイレットペーパーに包んで 便器に落とし込みました。運血まみれになったパンツはそのまま捨ててしまおうかと思いましたが ある意味記念すべきパンツなので ペーパーできれいにこびり付いたウンチを拭い取って 風呂場に持ち込みシャワーで軽く洗ってから 洗濯機に放り込みました。ついでに若干汚れたお尻を奇麗にして 新しいパンツを履きました。
    むさくるしいジジイが ウンチを漏らした話など 興味のある方がいるはずはないので これで終わりにしますが 人間普通に食べられて 普通に排便排尿ができるという 極当たり前の健康な状態に 日常的に感謝する気持ちなど持つはずもございませんが ごく普通の生活が出来る当たり前の幸せを改めて 有難いことだと痛感させられた出来事でした。

  • 1月5日 当病院の仕事始めです

    例年なら 四日から仕事を始めるのですが 凄く久しぶりに 曜日の巡り会わせで 四日が定休日の水曜日に当たりましたので 本日から仕事を始めさせていただきました。まあ実際は 今年のお正月も かなりの数の急患がお越しになりましたので ずっと仕事をしているし 昨日水曜日もやはり急患の診察をさせて頂いたので ずっと有難いことに仕事をさせて頂いておりました。本日は 三が日に支払金額を売掛金にしていた飼い主さんが 三人不足分を支払いに見えただけで 凄く暇な一日でした。まあ深夜にやっぱり急患がお越しになりましたので 売り上げはそこそこになりましたが おかげで翌日このブログを打ち込んでおりますが 眠いです。
    普通の方にすれば お正月ぐらいは のんびりと過ごされたいのが本音だと思いますが 私はお正月はほかの病院が対応されない場合が多いので のんびり楽しく過ごすよりも 稼ぎ時と考えるようにしていますので 患者さんの数が少ない方が かえって落ち込んでしまいます。今年こそが仕事をする最後のお正月だろうと思っておりますので 最後の稼ぎ時に そこそこ頑張らせていただき 勿論不幸にも救急の事態になってしまった患者さんを喜んでいるわけではございませんが 最後の頑張り所と思って 精一杯お仕事させて頂きました。
    一般の方も 流石に本日位からは仕事を始めておられるみたいで 昼に買い物に出かけた時にも 結構道が混んでいました。子供たちは 成人の日が九日ですから 始業式が 十日になるのでしょうか。かなりのんびりできて羨ましい限りです。私も早く毎日が日曜日の ご身分になりたいと考えております。
    今年何時頃までお仕事を頑張らせていただくのか 現在のところ未定でございますが なるべく早くに引退したいと考えております。引退しましたら 少なくとも この地を離れて 静かな所でのんびりするつもりです。仕事中毒のような友人が リタイヤしてしまったら することがなくて退屈になることを心配していたりします。私は 釣りや俳句 囲碁などの 趣味に明け暮れる日々を 凄く楽しみにしております。私の父は 好きなお酒をタップリと飲んでおりましたし 唯一の趣味である 油絵を毎日書き続けており とても楽しそうだったので 羨ましかったです。私はお酒を一滴も頂きませんが 好きなことを好きなだけ楽しんで 暮らしたいと考えております。あと少しだけ このお仕事が出来るはずですので 精一杯頑張るつもりでおります。最後の日まで どうぞ宜しくお願い致します。

  • 1月3日 高校ラグビーが 準々決勝を迎えて 盛り上がっております

    今年は 八校のうち五校が 関西の高校ですので 楽しみにテレビ観戦をしました。昔は 地上波の毎日放送 四チャンネルで 一回戦から放送しておりましたが 最近ではBSチャンネルでしか放送していないので 残念です。私は 妹の旦那さんから キャスカードに魔法をかけてもらっておりますので 有料チャンネルを含めて つまりCSチャンネルまで 全て無料で視聴できますので 殆どすべての試合を観戦しておりますが どうして地上波で 放送しなくなってしまったのか 不思議に思います。まあプロ野球の中継もほとんど行われなくなってきておりますから 致し方のない傾向なのかもしれません。でも箱根駅伝などは 恐らく相変わらず凄い視聴率を獲得しているのでしょうから 放送すれば ラグビーは ワールドカップでの活躍もあり 人気も高まっているはずですから そこそこの視聴率を稼げるのではないかと思いますので 地上波で放送されていないのが 残念です。まあ現在は テレビのチャンネルの選択肢が専門的に広がっているのですから しょうがないのかもしれません。

12