Dr.喜作のブログ

2022年6月 の記事一覧

  • 6月22日 六月中は 二階のクーラーを使用しないように頑張ります

    梅雨入りしたのもあり 六月とはいえかなり蒸し暑い日々を迎えております。病院の二階で生活しておりますが かなり室温が上昇しているみたいです。現在 二階のリビングにある窓を二面とも全開にして 何とか風が少しでも部屋の中を通り抜けるように 工夫して 暑さをしのいでおります。二階には リビングダイニングキッチン(LDK)とトイレ 風呂場しかありませんから LDKの面積は 約三十畳分もあります。凄く広いので エアコンを効かせるとなると かなりの時間がかかるし 相当に電気代もかかってしまいます。
    兎に角私は ケツの穴の小さなけちん坊ですから クーラーを十分に効かせた部屋の方が 快適であることは 分かりきっていますが 電気代を節約するために 極力エアコンのスイッチを入れたくないのです。せめて六月中は 自然の風を十分に通してやることで 何とか暑さを凌ごうと考えております。七月になれば エアコンのスイッチを入れざるを得ないような状況になるのでしょうが せめて六月中は辛抱しようと思っております。例年 エアコンのスイッチを入れる日を一日でも遅くしようと 葛藤しております。一旦エアコンのスイッチを入れて その快適さを味わってしまうと 体が辛抱できなくて どうしてもエアコンに頼ってしまう日々が始まってしまうからです。
    そもそも三十畳の部屋を十分に涼しくするエアコンを探すのにさえ苦労しました。室外機も相当に大きくて 置き場所にも苦労したぐらいです。据え付けてから そこそこ年月は経過しておりますが 極力使用する日数を 抑えることで 何とか頑張ってくれています。近々病院での生活をお終いにしますので 今更この大きなエアコンを買い替えるつもりはありません。今年の夏も何とか頑張ってくれることを期待しております。エアコンは 夏は勿論 冬場には暖房器具としても働きます。但し けちん坊の私は 寒さにも極力辛抱をして 部屋で厚着をして 炬燵に暖房器具として大いに頑張ってもらい エアコンのスイッチをなるべく入れないように努力しております。
    現在の日本では 寒い時期は 暑い時期よりもずっと短いので 何とか寒さには 部屋での厚着と炬燵で辛うじて凌いでおりますが 夏の暑さは熱中症の心配がありますので ある程度妥協せざるを得ません。水風呂にある程度の時間浸って 体を芯から冷やしたりしておりますが 何しろデブなので 皮下脂肪がぶ厚くて 直ぐに汗をかくぐらいに体温が上昇してしまいます。ですから 今年もエアコンの御世話になる日々はかなりあるように思います。エアコンで涼しく過ごす日を一日でも遅くスタートするよう 日々奮闘努力しております。まあ蒸し暑い部屋で たっぷりと汗をかくのは 血圧が高い私としては 決して健康上悪いことではないので 頑張ろうと思っております。
    各地で真夏日を迎えたことが報道されていますが 梅雨入りしても 雨がしっかりと降って 屋根を冷やしてくれる日々が少ないように思います。雨が少ないと 野菜などの価格が高騰してしまいます。それでなくても 輸入品を中心に 円安の影響で 食料品が高騰していますから 野菜の価格が上がってしまう事は 直接生活に影響してしまいます。円安傾向が収まる気配はありませんし 無能な岸田のオッサンでは 有効な円安対策など打てるはずがありませんから せめて気候だけでも穏やかになってもらって 野菜やコメが豊作で 価格が下がってくれることを 切に願っております。

  • 6月21日 内閣府の調査によると 若者のデートの経験率が非常に低いのだそうです

    あんまり政府のこの類の調査は母体である対象がある程度日本の現状を正直に反映しているとは思い難いので あるがままの日本国民の姿を反映しているかというと 甚だ疑問な場合が多いように思えてしまい 信用しておりません。でも 十代 二十代の若者が 男性の方が特に悲惨みたいですが 男女いずれもデートの経験率が半分以下のようなのです。そもそもデートなる代物が どのように定義されるかよく分かりませんが 自分の場合に当てはめて考えると 取り敢えずは 高校生の頃に 同じ高校の女の子と 映画を見に行きましたので 一応はデート経験者になるのではないかと思います。ちなみに見た映画は 「青春の門」(筑豊編)だったと思います。
    映画の内容は 小説を読んでいたので 分かっていましたが 映像で見ると 頭の中で思い描いていた人物像と異なっていたので 幾らか違和感はありましたが それなりに面白かったです。まあ映画の内容よりも 隣に座っている女の子の動向が気になっていたので それ程映画に集中できてはいなかったように思います。一応 デートマニュアルで勉強していましたので 映画の後 喫茶店に入りました。コーヒーを注文したほうが カッコよかったのでしょうが ずっと緊張していたみたいで 喉が渇いていたので レモンスカッシュを注文しました。当時は結構流行っていた飲み物だと思います。彼女は確か ミルクティーを飲んでいたように思います。
    人間セックスの初体験の事は 何時までも事細かに 覚えているみたいですが 初デートの事も かなり細かく覚えているみたいです。誘った相手は 近所に住んでいる 同じ中学から同じ高校に進んだ 女の子なので 割と何年も前から顔見知りの相手でした。何となく 学校の行きかえりに同じ電車になった時に 話位はしていました。その子が 五木寛之の小説を読んでいたので 割と話があったように覚えています。その小説が映画化されたので 誘いやすかったからだったのでしょうが 思い切って声をかけてみました。特にその子が好きだったわけではありませんが 勿論好意は持っていました。上手いことはなしが進んだら 付き合えたらいいのに 位の期待はもって誘ってみました。どんなつもりで 承諾してくれたのか 恋愛経験が殆どなかったので 見当がつきませんでしたが 一緒に出掛けてくれたので とても嬉しかったのを覚えています。結局は その子とは その時かぎりでした。あんまり楽しい思いをさせてあげられなかったのだろうと 反省しました。
    私の事は どうでもいいけれど 五十年近く前の出来事ですが かなり鮮明に覚えていますから やっぱり当時としては 凄く大きな出来事だったみたいです。勿論その子とは 手もつないでいませんから いわゆる指一本触れていない関係でしたが 高校生の男子としては 勿論その子を抱きしめたかったし キスもしたかったし それ以上の関係になんてなれるはずがないことは分かっていませんでしたが 妄想を描いてオナニーを繰り返したのは 間違いありません。
    兎に角男なんて生き物は 特に十代 二十代の頃には 頭の中の大部分が 女性とのセックスの事だったと思います。私が十代だったのは 五十年位前の事ですが 人間の性欲という もっとも生きていくうえで根本的であるはずの欲望が 現在の若い男性は 減退してしまっているのだとしたら 凄く不思議に思います。今更 現在の若者の気持ちを分かろうとして 分かれるわけがないように思いますし 分かりたいとも思いませんが 若いうちに女性に対する気持ちが 芽生えないというのは 何となく 自分からアクションを起こすことが面倒だし 動いて惨めな思いをするぐらいなら じっとしている方がましだから 消極的な方向に考えてしまうのではないかと 想像します。
    可愛らしいアイドルが 芸能界で活躍している状態は 五十年前と同じように思いますから アイドルの需要があるのは やっぱり一般男性の 可愛らしい女の子への興味が 変わらずに存在しているのだと思います。私も 高校の修学旅行の時に 初めて女の子に自分の気持ちを告白して こっぴどく振られてしまいました。数か月は 生きていく目的が見つからず 腑抜け状態になってしまいました。次に女性に告白するまでに 相当の時間がかかりましたから 人生でも辛かったことワーストテンに入る出来事でしたが 今思えば 青春の良い思い出になっています。現在の若者だって 若い同年代の女性を抱きたい という欲望は絶対にあるはずだと思いますから 自分の欲望に もう少し正直に向かい合って 素直にそして愚直に行動したほうが結局は 得したと思える人生が歩めると思います。
    現実に 婚姻数も減少しているみたいだし 未婚率も確実に上昇しているようです。でも自分が年老いた時に 苦労を共にしてきた相方が傍にいてくれることの有難味は 凄く大きいと現在実感しております。現在は 自分が若いので そんな寂しさと直面しなくても 生きていけるのかもしれませんが 体も気持ちも ゆう事がきかなくなってきたときに 言葉に出さずとも顔を見合わせただけで分かり合える 人生の相方の存在の有難味を痛感できるのだと思います。寂しい老後を迎えない為にも 女性を求める行動をめんどくさがらず 例え失敗しても 前向きに受け止めて いずれは笑って思い出せるときが来ると信じて 異性へのアプローチを頑張っていただきたい様に思います。

  • 6月20日 カエルちゃんが 来院しました

    種類としては イエアメガエルというものでした。正直 私としては ここ数年 飼育しやすいカエルとして ペットショップでよく販売されているらしい、という知識位しかありませんでした。カエルの治療の経験はありますが この種類を診察するのは 初めてでした。勿論 飼い主さんにその事実は予めお知らせしてありました。体長が十センチを超える位まで 成長して 寿命が十五~二十年と結構長生きするカエルだと認識しております。大切に そして上手に飼育すれば 犬猫よりも長い期間面倒をみてあげられるらしいので ファンが増えてきているのだそうです。爬虫類や両生類を飼育されている飼い主さんは 若い女性が多いのですが 今回来院された方も まだ子供さんが小さなお若いお母さんでした。
    男の子が 池や田んぼで 身近にいるアマガエルを捕まえてきて 面倒をみているうちに カエルの魅力にはまってしまい お母さんがペットショップで購入されて 面倒をみておられるのだそうです。来院された主訴は お腹が何時より膨れて 仰向けにちょくちょくひっくり返るし 食欲元気がここ数日なくなってきているとの事でした。このカエルは 見た目が愛嬌があって可愛らしいのですが 食欲が旺盛なので ついつい餌特に生餌(ミルワームやコオロギ)を 与えすぎてしまうことが原因で 消化不良を起こして 腸にガスが貯留してしまい 腹囲膨満と食欲元気の減退が始まる場合が多いようです。
    この子も 食欲が旺盛で 数日前まで ミルワームをパクパク食べていたのだそうです。このカエルは 密林の樹上で生活しているのだそうですが ワームや昆虫などと そんなにしょっちゅう遭遇できるわけがないので 二三日に一度 給餌をするぐらいで十分なのに ついつい食べっぷりがいいので 毎日餌を与えてしまい 消化不良から来る食欲の減退 元気の消失につながっているように思われました。そこで 消化を促進する薬と 腸に溜まったガスの吸収を促す薬 元気が回復する薬などを 混合して 甘く飲みやすいシロップにして 渡しました。何しろ体重が十グラムと小さな体ですから 点眼瓶で一回分量として一滴で適量になるように調整しました。
    普段から 給餌するときに 簡単に口を開けてくれるのだそうですから 甘くて美味しい飲み薬ですので そんなに苦労しないで投薬できることと思います。胃腸の調子が回復したら 給餌の間隔をよく考えて 面倒をみてあげていただくように お願いしました。人間もそうですが 小さなカエルですから 適量の食餌を 適切なタイミングで摂取させるのは なかなか難しいのかもしれません。この種類のカエルは 丈夫で長生きするのだそうですから 給餌の量とタイミングを上手く調節できれば 直ぐに元気になってくれることと期待しております。
    正直な所 は虫類や両生類は その心情を推し量るのが難しい動物のように思いますが 熱心に飼っておられる方々が良く仰るのは 今嬉しそうに笑っている とか 先生の事が好きみたいなしぐさをしています 等ですから 心底愛してしまえば その微妙な表情やしぐさが 読み取れるようになるのかもしれません。私はこの仕事をそろそろ引退しようとしておりますが なかなか は虫類 両生類の気持ちまでは 申し訳ありませんが 感じ取れないままに 仕事を終えることになりそうです。只今日来たカエルちゃんも つぶらな瞳で 可愛らしいなとは 思えるようになってきました。

  • 6月17日 階段の降り方に 老いを感じてしまいました

    今年の年明けに 左足を負傷してしまい かなりの期間 片足を引きずるように歩いておりました。現在は 殆ど回復しておりますが そこそこ長期にわたって ビッコをひいておりましたので 足の不自由な方の苦しみを知ったように思います。その時期には 病院の二階から一階に降りるとき 何時も左足を一段下の段に下ろして 右の足を同じ段に下ろすことを繰り返しておりました。それまでは 左右両足で一段ずつ下の段に降りておりましたから 降りるスピードが半分になってしまいました。別に 意識すれば 両足で一段ずつ降りる事は出来ない事ではありませんが 無意識に 負傷していた足をかばうように 一段ずつちまちまと階段を降りていることに 改めて気づいてしまいました。
    今後意識して 両足で一段ずつ階段を降りる事は できない事ではありませんが 何となく 年老いてきた自分の体に無理をさせたくないので 本能的に 一段ずつ トロトロ チマチマと階段を降りております。のぼるときは 相変わらず両足で一段ずつ上っていますが 降りるときの方が 慎重になってしまうせいか 一段ずつゆっくりと 安全を確認しつつ 降りてしまっています。私も誕生日を迎えましたので いよいよ六十五歳になりました。年金を受け取る時期になりましたから 普段の動きも それ相応に年寄りじみてくることは 致し方のないことかもしれません。
    誰だって 年は取りたくないけれど 全ての人が 平等に若くてピチピチした時代を経て 年寄りになってくるのです。あまり自覚したくはありませんが 確実に間違いなく真のお年寄りになりつつあるのですから そんな体の動きの変化を 素直に受け入れたほうが 懸命だと思います。私は 頭髪が 勿論若いころの何分の一にも ボリューム低下しておりますし 殆ど真っ白に変化してきております。いわゆる禿げ頭には なっていないように思いますが 風呂上がりなどに 鏡に映った 頭髪を見ると 相当に寂しい気持ちになりますので なるべく鏡を見ないように心掛けております。一つ目の大学時代の 同期の友人たちのうち やはり半数位は 禿げ頭になってしまっています。男の場合 致し方のない現象なのでしょうが 私は頭髪の状態については 何とか現状を維持していきたいと 願っております。
    まあ私の場合 もうこれは数十年前からの事ですが 凄い肥満体になってしまって 心臓や糖尿病を患っていることもありますから 元気で長生きのために あと十から二十キロぐらいは 減量したいのですが ここ数年サッパリ体重減少しておりません。自分に甘い情けない性格が 何時まで経っても 克服できないのが 恥かしいと心底思っております。まあこの秋からは 私の食事管理を 奥様に全てお任せしますので 必然的に 減量が進んでいくことと期待しております。体重位 自分の意志で管理できないのが 非常にお恥ずかしいのですが 奥様は私よりも十歳も年下ですけれども 私を甘やかしてはくれない しっかり者ですので 奥様のお尻に敷かれて 安心してぬくぬくと生きていこうと 考えております。

  • 6月15日 現在検査前の身の上なので 炭水化物禁止令を出しておりますが どうしても米粒が食べたくなってしまいました

    私は約二か月に一度 病院に通い 糖尿病と不整脈という ある意味致命的であり かつ不治の病の為 検査を受け 診察を受けております。心臓病の方は私が鈍感なだけなのかもしれませんが 殆ど自覚症状がありません。心拍数や血圧も ほぼ正常値ですし 動機や息切れを自覚することもございません。まあ運動らしい運動をしておりませんから 息切れするはずがないともいえるのかもしれませんけれど。糖尿病というのは 初期の段階では全く自覚症状がないうちに進行して 致命的な災いを 確実にもたらしてくれる恐ろしい病気です。
    糖尿病も現在の所 特効的な治療法は存在していなくて その進行を遅らせるよう心がけて 生活するのが精一杯の対処法のようです。なので 私は病院で検査を受ける一月前から 甘いものや炭水化物の摂取を 極力控えて ヘモグロビンA1cの値が なるべく正常値に近づけるべく 努力する生活を心がけております。本当なら 後体重を二十キロぐらい減らした方が 見た目もよくなるし 確実に長生きできますから 減量を心がけるべきなのですが ここ数年体重の減少を実行できておりません。結局私は 他人に対しては厳しく偉そうなことを申し上げるのに 自分を極めて甘やかしているからに相違ございません。お恥ずかしい限りでございます。
    本日も 本来なら 野菜だけを食べねばならないはずですが どうしても米粒を口にしたくて 辛抱できませんでした。そこで 買い置きしてあるレンジでチンするご飯を 適量水を入れたお鍋に放り込んでしまいました。無論米粒だけでは 量的に物足りないので たっぷりの野菜 (キャベツや玉ねぎ ニンジン 榎だけなど)を加えて 出汁の素 料理酒 麺つゆの素などで 味を調えて 仕上げに溶き卵を加えて 結構な量の雑炊を 作り上げて 久しぶりに食べ応えのある食事をおなかがまんぞくするだけ作ってしまい すごく美味しく頂いてしまいました。
    まあ糖尿病の指針となる検査項目 ヘモグロビンA1cの値が幾らか高くても 優しい担当医の先生から お小言を頂くだけのことです。結局は そんなだらしない食事管理をしていれば 糖尿病の進行という 報いを確実に自分自身が受けるだけの事だと分かりきっているのに 自分を律することが出来ないのです。今の私の最大の望みは 元気で長生きすることだけであり そのためにはしっかりとした食事管理をする事が 必須条件であることは 分かりきっているのに 自分をコントロールできない事が とても残念であり 悲しいことだと思います。
    自業自得で 自分の残り少ない寿命を 擦り減らしているのですから 悔しいのですが 皆さんは 一体どんな風に自分の欲望を上手く制御されているのでしょうか。私は お酒が一滴も飲めませんから 飲酒に対する欲望は一切ありません。ギャンブルも 学生時代に極たまに暇つぶしにパチンコをした位で その後は一切興味がないので やりたい気持ちを抑える辛抱を味わったこともありません。ちなみに 私は投資もギャンブルの枠内にあるもののようにとらえておりますので 恐らく死ぬまで手を出さないでしょう。性欲は お恥ずかしい話ですが 結構あります。奥様の肉体を求める事で ほぼ解消されていますし エッチなユーチューブ画像を見て マスタベーションすることで それ以上の性欲も上手く制御できているみたいです。そんなわけで よく言われる男の三大欲望 飲む 打つ 買うについては あまり苦労せずに上手く対処できているように思います。只食欲という 非常に身近で本能的な欲望は 残念ながら 上手く コントロールできておりません。
    まあ人間なんて 欲深い生き物ですから 上手くコントロールできない欲望を抱えているのは 当たり前なのかもしれません。まああと数か月もすれば 奥様が同居してくださり 私の食事をすべて管理してくださるはずですから 自然と体重も減少するでしょうし 血糖値の指針であるヘモグロビンA1cの値も 順調に管理できるだろうと期待しております。やがて来る セカンドライフ 私が長年思い描いていたものとは 形が異なりますが それでも十分に充実したものになりそうなので 楽しみにして あと数か月のお仕事を頑張ろうと思います。その後は 病院を完全にたたんでしまうのではなくて 予約専門の病院に 形態を変更しようと考えております。電話で予約してから 来院していただく形になりますが そうなりましてからも どうぞよろしくお願い致します。

  • 6月12日 自民党議員が 淫行したのに 逃げ回って 説明責任を果たそうとしていません

    男の本音としては 幾つになっても ピチピチした女子高生とセックスしたい欲望があるのは 当たり前すぎる事だと思います。国会議員にしてみれば 四万円なんて小腹が空いたときに 牛丼を食べる位の 感覚でやってしまったのだと思います。同じ男としては そんなに簡単に そしてお手軽な金額で 性欲が処理できるので 飛びついてしまったのだろうから その行動自体を責めるつもりは 正直な所あんまりありません。但し 仮にも選挙で当選したのなら国民の代表としての 責任があるはずだしそれなりの収入や特権を 与えられているのです。自分のしでかした 恥ずかしい過ちをキチンと認めて潔く議員を辞職するべきだと思います。それも 選挙で当選したと言っても 選挙区で惨敗(惜敗率58%)して 比例区で拾い上げてもらっての 恥ずべき成績での当選なのです。自民党に拾い上げてもらったのに そこを離党するだけで 責任が果たせたと勘違いしているのでしょうか。
    こんな無責任極まりない行動を この議員が平然とやってのけるのは 結局アベチャンの負の遺産の為ではないかと 思ってしまいます。アベチャンは 今でも時々元総理として 偉そうに発言を繰り返していますが 自分の恥部 つまり森友問題や お花見の件に関して 何一つ説明責任を果たしていません。自分にとって不都合なことは 徹底的に逃げ回って 知らん顔をしていれば いつの間にか愚かな日本国民が 忘れてくれるだろうと 決めてかかっているようで 本当に不愉快です。確かにアベチャンが 総理の椅子に座っている間は アベチャンへの不利益に繋がる発言や行動が 発覚すれば 豪い目にあわされることが 決まりきっていたようですが 現在のアベチャンにそんな極悪非道な権限は殆どないのですから 徹底的に吊るし上げてやればいいのに 甘やかしている日本国民が 私は大嫌いです。
    お花見の件については 最近も アベチャンに不利な事実が発覚しているのです。なのに マスコミも含めて 何故かアベチャンが過去にしでかした大いに恥ずべき行為を 平然と見過ごしているのです。今でもアベノミクスのおかげで 自分たちの暮らしが楽にしてもらえた 等ととんでもない勘違いをしているのでしょうか。アベノミクスが行った客観的な事実は 円安誘導だけだと 私は思っております。まあ歴代の総理がやりたくてやれなかった 円安誘導を上手く実行したのですから それなりの功績と言えるのかもしれません。
    しかし円安に誘導したことの結果は 輸出産業 例えば車や電化製品のメーカーにとっては 海外での販売価格が下がりますから その恩恵をタップリと被ったのかもしれませんが そのために輸入品の価格が 国内で確実に高騰しました。ガソリンや自給率の引く食料品などが軒並み値上がりして 国民の生活を間違いなく苦しめたのです。アベノミクスのおかげで 自分たちの生活が苦しくなったのに どうして愚かな日本国民は アベチャンに対して 厳しい態度で接しないのでしょうか。自分のお友達や 支援者を大切に扱った 国会議員として許されない行為を繰り返したのは 間違いないのに どうしてその責任を厳しく追及しないのでしょうか。
    私には アベチャンの責任追及を徹底的に行わない だらしのないこと極まりない日本国民だから 今回発覚した淫行議員も 逃げ回って 責任逃れの行動を続けていれば いつの間にか許されてしまうと考えて 説明責任も 議員辞職もしないのではないでしょうか。無責任極まりない卑劣なアベチャンが 総理からは退いたとはいえ 国会議員様として 踏ん反り返っていられる お手本があるから 淫行議員としても その真似をしているとしか思えません。女子高生相手に淫行することも 極めて恥ずかしい行為ですが 自分のお友達や支援者に対して 国民の血税を用いて 優遇したことは もっとずっと恥ずかしい行為だと 私は思います。
    淫行議員の責任追及するのもいいけれど コロナ感染症によるダメージに追い打ちをかけて 円安による輸入品の高騰によるダメージで 仕事を廃業している方が 沢山いらっしゃるのですから 改めて 円安のきっかけを作ったアベチャンの責任を 徹底的に追及して欲しいものだと 心底願います。

  • 6月11日 所得を増やせないので リスクを伴う投資しろ なんていうその場しのぎを受け入れそうな日本国民が 嫌いです

    岸田のおっさんに代替わりしてから 日本の疲弊しきった経済状況では どんなに頑張っても所得を増やせない事をようやく自覚したので 今度は国民の資産を投資に回して 少しでも資産を増やす事で 所得が増やせない事を 誤魔化そうとしている 政府のやり方にまずは腹が立ちます。そして そんな無能な政府の指し示す 銀行に預けていても 殆ど金利が付かない現状を打破するために 投資に回して 少しでも資産を増やしましょう 等と甘い言葉を並べていますがそんな大ウソに簡単に踊らされそうな 日本国民を 心配してしまいます。
    投資には リターンがある以上 必然的にリスクもあるのです。増える可能性があるという事は 減ってしまう危険性も同時に孕んでいるのです。素人が 手を出して 簡単に資産を増やせるほど 投資というのは甘いものではありません。事実私の父は バブルがはじけた時に 数千万円の損失を経験していたにもかかわらず 八十過ぎて ボケた状態で投資を続けて 死ぬまでの十年間で やはり数千万円株式への投資で 損をしているのです。
    私の父は 異常にプライドが高かったので 例え誰が投資を止めるようにアドバイスしても 投資を止めることはなかったでしょう。自業自得と言えば それまでですが そんな無駄な巨額の損失を 取り返そうとして 焦って投資詐欺に引っ掛かり 更に数千万円も損失していました。あまりに愚かな人間が 自分の父で 恥ずかしいことこの上ありませんが 事実ですからしょうがありません。父も株式投資の経験が数十年あったのに そんなお大損をしているのです。なので私は 現在の自分の貯えを 潰れそうにない銀行に預けたり 幾らかでも有利な条件の金融機関に預けて 実質全く利息は付かないけれど ひたすらスヤスヤと寝かせております。
    一昔前に アベチャンのアベノミクスに愚かな日本国民は 足並み揃えて騙されて アベチャンについていけば アベノミクスが上手く功を奏すれば 自分たちの所得もきっと増えるはずだという 大ウソに引っ掛かってしまいました。今度は 所得が増やせそうにないので 貯えた財産を投資に回して 増やせばいいのだ なんていう大ウソで 全然賢くなっていない日本国民を 騙そうとしているのです。リスクの少ない投資 例えば投資信託や国債の購入などでは ローリスク ローリターンで 手数料や税金を引かれたら 実質のプラスは 上手く事が運んだとしても殆ど期待できません。ハイリターンを期待するなら 当然ハイリスクを背負わればなりませんから ある意味政府は 極民にギャンブルを奨励しているようなものだと思います。
    世の中には ごく少数の選ばれし人たちが 例えば競馬でも過去の条件などを事細かに分析して 高い勝率をあげている人がいるし パチンコでも プロと呼ばれる確かな技術を習得した人だけが 儲けているけれど 大半の人は 勿論極たまに大勝ちすることがあるかもしれないけれど 一年間のお金の出入りをトータルすると 相当額のマイナスになっている人ばかりのはずです。そうでなければ ネオンサインの電気代だけで 月に百万円以上支払っているパチンコ屋さんが大儲けをしていて 遊んでいるお客さんの大部分が 損をしているから パチンコ屋さんが潰れずに経営できているのです。
    兎に角 投資は自分の貯えが増える可能性も 無論否定はしませんが 実質的に得をする可能性は 限りなくゼロに近いと考えたほうが 無難だと思います。アベノミクスに騙されて やたらと自民党に投票した愚かな国民が 投資による貯蓄倍増計画なんていう 夢物語に踊らされて 大損をするし 自民党にせっせと投票して 今度の選挙でも 自民党議員の数を増やさないように してほしいけれど 野党に期待できるか 魅力を感じるかと言えば 全然楽しみな要素が見当たりませんから 結局は自民党の勝利に終わりそうです。
    このブログでは 何度も何度も書いておりますが 自民党の一極集中になってしまったのは 国会議員の選挙に 小選挙区制が導入されたからです。小選挙区制は あくまで確固たる基盤を持つ二大政党による政治が実現している国 例えばアメリカやイギリスでは 国民の意志が 選挙結果に反映される優れた選挙制度ですが 日本の様に自民党だけが 肥大していて野党が分散している場合 各選挙区で 結局は人気投票のような結果になってしまうので 与党が圧倒的に有利になり 与党だけが肥え太り 少数野党がジリ貧状態になることは 必然的な選挙制度なのです。
    今回の参院選挙も 与党が簡単に圧勝するでしょう。野党が大人の対応をして 一枚岩になれば ある程度議席数を増やせる可能性はありますが 各野党が己の主張を譲らない現状からして 結局中途半端な選挙協力しかできず 惨敗することは目に見えています。私の人生は残りわずかと覚悟していますから まあいいけれど まだお若い人たち 子供たちの将来を考えると 悲惨な先行きしか見えてきませんから 何とか政治構造の好転を期待したいのですが 与党である自民党が 自分たちに有利な現在の選挙制度を変更するはずがありませんから そんな可能性は全くありません。私は日本に対する愛国心など殆どありませんし 愚かで自分さえよければそれでいい国民性の日本人も すきにはなれませんが 日本で生まれ育って 多分死んでゆくのでしょうから 現状が幾らかでも改善されることを 期待いたしております。

  • 6月10日 七月に 長崎へ旅行に出かけることになりました

    奥さまの実家が長崎県 佐世保市にあるので 私としては 殆ど初めての長崎訪問になります。長崎県と言えば これまでなじみの薄い県でした。九州は福岡で生まれましたので 親戚筋が福岡県を中心にいらっしゃいますが それ以外の件へは あまり尋ねたことがないように思います。大分県へは 杵築市へ移住を予定していましたので 何度も足気く通った思い出があります。所がその物件が 突如として不都合な条件が昨秋突然に発生して 移住が不可能になりました。その後熊本で似たような物件が見つかりましたので そちらに大いに期待しておりましたが 今度はプライベートな理由によりそちらへの移住が難しくなってしまいました。
    その為に 私のセカンドライフの設計が根底から覆されてしまいました。私の人生は これまでもかなり波乱万丈でして 一度は普通に大学を卒業して いわゆる一流企業に就職しました。所が 思いのほか仕事がしんどく感じたのと 獣医さんになりたいという願望を一度は諦めたつもりでしたが 思いのほか未練が強かったので もう一度大学に入り直して 開業獣医師になりました。病院は何とか潰れないくらいの経営状態でしたが そこそこの貯えも出来ましたので のんびりと幾らか優雅に引退生活を送れるものと期待しておりました。
    所が引退生活のベースとなる移住先が上手く決まらなくて 今頃になって 迷いに迷っているようなことになってしまいました。恐らく死ぬまで暮らすことになる移住先ですから 慎重に決めたいのですが 度重なる不都合の発生により 納得のいく移住先が見つかる自信がありません。まあこれも縁のものですから 慌てずに 探せば いい所が見つかるだろうと 一旦落ち着いてから 改めて移住先を探そうと思っております。人生割と順風満帆の方もいらっしゃるみたいですが 私はなかなかすんなりと順調な道は見つからないように生まれついているのかもしれません。
    それで 今年の秋ぐらいからは 病院の診療形態を変えて 予約専門で対応するようにしようと考えております。本当なら 完全に病院を売却して 移住先でのんびりするはずでしたが 普段はシャッターを閉めていますが 電話で来院の予約をしてもらい 予約が入れば 病院を開けて対応するような形で 細々とはなるでしょうが 月々の生活費位は十分に稼げるのでしょうから 移住先が見つかるまではそのような形で 過ごそうと考えております。
    ですから 九月からは 時間的にかなり余裕が出来るのでしょうから 旅行にも出かけやすくなるのかもしれませんが 奥様のお母様がかなりご高齢であり 体調が優れないようなお話を耳にしましたので まだ何とかお元気なうちに お見舞いに伺おうという事になりましたので 来月の中旬に 長崎へ三泊ほどの予定で 旅行することになりました。これまで長崎へは 小さい頃に出かけたことがあったのかもしれませんが 実質的に 初めての長崎への旅ですから 結構ワクワクしております。
    長崎と言えば 有名なのは 食べ物ではチャンポンと皿うどん、それからカステラと佐世保バーガーがよく知られています。佐世保の観光案内を見ると レモンステーキなるものが新しく名物になっているのだそうです。勿論 レモンをステーキにした食べ物ではなくて 薄切りの牛肉を よく焼いた鉄板に敷き詰めて 独特のレモンソースなるものをタップリとかけていただくステーキなのだそうです。レモンの爽やかな酸味がきいた サッパリと美味しいステーキなのだそうです。ネットの写真でしか見たことがありませんが 楽しみです。
    チャンポンは 近所にリンガーハットが何軒もありますから 時々頂きますが 長崎出身の奥様によると リンガーハットは 本店が長崎にあるからか かなり彼の地の味を忠実に再現しているとの事ですので そんなに目新しくもないのかもしれませんが やはり本場の長崎で頂けば 改めてその美味しさを再発見できるのではないかと期待してしまいます。関西では あまり有名な話ではないけれど 長崎の方は チャンポンを半分程食べた後で 味変にソースをかけるのだそうです。にわかに信じ難い話ですが チャンポン用ののソースがあるのかどうか知りませんが 是非試してみようと思っております。
    食べ物以外では 全国的に有名なのは やはりハウステンボスでしょうか。入園するのに かなりの料金が必要蘇なるのだそうですから それなりに楽しいテーマパークなのでしょうが 今回の旅行では 訪問予定はありません。ディズニーランドのように一日ではとても回りきれないらしいので 次回にでも ハウステンボスの近所のホテルに宿泊して たっぷりとその楽しさを味わってみようと考えております。
    それから 佐世保は軍港なので 海上自衛隊の艦船が見学できるのかもしれません。私は 現役の高校生の頃 造船学科を目指したことがあるぐらいに 船が好きなので 軍艦が間近に見られるのなら とても楽しみです。私も子供の頃 軍記物の本をかなり読みましたので 戦艦や空母 巡洋艦 駆逐艦などの 個々の名称とその形状をよく覚えていますが 勿論第二次世界大戦が終戦を迎えてからは 基本的に日本は戦力を放棄しましたので その類の船が現存するはずはありませんが 海上自衛隊の現役で働いている軍艦が見られるのであれば とても楽しみです。
    何処の街にも 調べてみれば 色んな魅力が溢れているようです。早く仕事を完全に引退して キャンピングカーで 日本の津々浦々を旅行したいものです。

  • 6月6日 西九州新幹線なるものが 今秋開通するのだそうです

    最近 長崎出身の方と ご縁が出来ましたので 七月に長崎へ旅行に出かける予定です。それで長崎について 調べていたら何と 西九州新幹線なるものがまもなく開業することを知りました。佐賀県の武雄温泉から長崎駅までの 僅か70キロ足らずの距離を走行するのだそうです。本来なら 九州新幹線と直結してから 開業するはずだと思うのですが 単なる通過点にしかならない佐賀県が メリットに比べて 負担が大きいので 直通するための線路の工事に極めて消極的なのだだそうです。その為に 九州新幹線とつながらないままに 工事を開始してしまい 取り敢えず走れるようになった部分だけで 今秋開業を迎えてしまうのだそうです。
    九州新幹線と直結していれば 例えば大阪から長崎への時間が 大幅に短縮されることが期待できます。鉄道工事の手順については 全く無知なので 不思議に思いますが 新幹線というのは 長距離の移動において その時速300キロ前後の高速のメリットが 活かされるはずですが 僅か七十キロ足らずだけ開通しても その利点が殆ど期待できないように思います。その短距離の中に 幾つか駅があるらしいので 新幹線の本来のスピード300キロ前後では 殆どは知れないようです。更に トンネルの部分が半分以上にもなりますので 車窓からの景観も楽しめそうにありません。
    従来の特急にそのまま乗って 長崎に到着するのに比べて 武雄温泉で乗り換えて ほんの数十分早くつくだけなのだそうです。当たり前なのかもしれませんが 料金はそこそこ高くつくみたいです。わざわざ乗り換えて 幾らか早く到着できたとしても 料金が高くなってしまうのでは 利用客にしてみれば わざわざ新幹線を利用するメリットが殆どなさそうに思います。一体何を目指して こんな中途半端な形の新幹線を作ったのでしょうか。税金の無駄遣いとしか考えられないように思いますが 如何でしょう。
    私は 大阪人ですから 所詮他人事で どうでもいいのですが 長崎にお住まいで 税金を納めて暮らしておられる方々は どう思っていらっしゃるのでしょうか。私の縁が出来た方は 長崎県佐世保にご実家がありますが 佐世保はこの新幹線とは 地理的に全く無縁なのです。完成する新幹線は 従来の新幹線と全く同じタイプなのだそうです。つまり車輪幅などが 普通の列車よりも広いので 新幹線以外の車両は 走れないのだそうです。ほんの短い距離しか走らないのですから 大してスピードも出せないわけだし 本当に宝の持ち腐れみたいに思います。私が長崎県民なら 新幹線を作ることに 大反対したと思います。多大な工事費を負担した割に 県民が得られる恩恵があまりに小さいように思うからです。
    まあ地元の人にしてみれば 新幹線が走行しているという事実だけで 嬉しいのかもしれませんから 今夏の旅行で初めて長崎を訪れる 新参者の意見なんか 聞く耳持たないのかもしれませんが。ただ現実的には 利用客の少ない 赤字路線が新たに誕生しそうで 心配してしまいます。実現は難しいのかもしれませんが 九州新幹線と直結できる日を 早く迎えていただきたいと思います。

  • 6月5日 語呂合わせで 落語の日なのだそうです

    落語と言えば 私は大阪人ですから 勿論上方落語しか知りません。正直な所 東京の落語家さんの落語を聞いて 面白いと思ったのは 先代の円楽さんと 小朝さんだけです。このお二人の落語は 非常に面白く拝聴させていただきましたが このお二人以外の落語家さんの噺を聞いても くすりとも笑えません。私はあくまでも 落語とはおもろい物 笑わせてもらえるものだと思っています。別に落語を聞いて 上手いねーなんていう感想は 吐きたくありません。なので お名前をお出ししたお二人以外の東京の落語家さんは 正直ん気持ち好きじゃありません。
    勿論 関西の落語家さんでも 抜群に面白い噺をされていた方は 極限られているように思います。私が心底面白いと思っていたのは 桂枝雀さんと 吉朝さんのお二人だけです。無論枝雀さんの師匠である 米朝さんの落語も 大いに笑えますが 何となく結構お若いうちに人間国宝になられてしまいましたから その噺も 芸術の域に達しているように感じられましたので 笑い飛ばすには失礼に当たるように思っておりました。ただ残念なことに枝雀さんが59歳の時に 自殺なさっていますし 吉朝さんは胃がんのために 僅か50歳でお亡くなりになられてしまいました。
    枝雀さんは その大きなアクションと大きな声で演じる独特の落語スタイルを 批判された時期も結構長かったのかもしれませんが 結局はお客さんが 無条件に枝雀さんの落語スタイルを支持したので 唯一無二かも知れない枝雀さんのスタイルが 立派に認められたのだと思います。只枝雀さんは あまりに生真面目な性格のために 落語を細かく分類して 研究し尽くして 芸術として極めようとなさりすぎて うつ病が悪化してしまい 自殺されたのだと私は理解しています。自分のやりたいスタイルの落語を 世間もプロの落語家さんたちも 認めていたわけだし 兎に角枝雀さんが 落語を披露すれば 爆笑が間違いなく起こっていたのですから それだけで満足されていればよかったのに 天才であるがゆえに あまりにその高みを目指しすぎて 生きるのがしんどくなってしまったのではないでしょうか。その年齢から 更にその話芸に磨きがかかり 円熟味を増して 師匠の 人間国宝である米朝さんさえもが 自分を越えていく唯一の弟子として 枝雀さんを認められていたのに 自らの寿命にピリオドを打たれてしまい 非常に残念で仕方がありません。
    吉朝さんは 枝雀さんのような強烈な個性を前面に出すのではなくて どちらかというと正統派の落語を目指しておられたように思いますが やはり師匠の米朝さんが その才能に折り紙をつけておられた 天才だと私は思います。枝雀さんの落語は その個性である大きな動きと表現に 面白みがありましたが 吉朝さんは 各所にくすぐりをちりばめた落語でしたので 常にくすくすと笑かされてしまう 非常に楽しい落語だったと思います。そんな天才落語家が 運悪く胃がんという病気に侵されて あまりに若い年齢でお亡くなりになられたのは 枝雀さんが自殺されたこと以上に 悔しく思います。まだまだこれから 芸を磨き 話術を高められて 最初から最後まで笑かしていただける 本当に面白くて 楽しすぎる落語を聞かせていただけると期待しておりました。
    勿論 米朝さんや 文枝さん(三枝)たちの落語も 非常に面白おかしくは感じますが やはりこのお二人の落語の方が 私の感性としては 面白く感じました。私は「ぬかる民」でしたから 鶴瓶さんは 芸能人でも別格に好きな方だし 尊敬もしています。なので鶴瓶さんの落語も非常に楽しく思いますし そのお弟子さんである 笑福亭晃瓶さんも毎朝ラジオを拝聴していますから 大好きだし その落語も好きです。でもやはり 枝雀さん 吉朝さんの落語の面白さとは 距離があるように思います。
    ちなみに「ぬかる民」というのは 私が十代から二十代にかけて 鶴瓶さんが新野新さんと日曜日の深夜にラジオ大阪で放送していた「ぬかるみの世界」のディープリスナーの事です。この番組は 十年以上にわたって放送されていました。当時は 鶴瓶さんが生きている限り この番組を続ける勢いで放送されていました。どのような事情があったのか よく分かりませんが 私が岐阜大学に通っていた頃 突然番組が終わりを迎えましたので すごくショックでした。当時は日曜日の深夜は AMラジオが他局はあまり放送されていませんでしたので 岐阜にいても ラジオのチューナーをあわせれば 雑音混じりながら何とか聞こえていましたので 頑張ってリスナーを続けておりました。高校生の頃 何気なくこの放送を聞いていて 凄くインパクトのある話になった時思わず 爆笑してしまったのですが 何と隣の部屋からも 似たような反応が聞こえたので 隣の部屋の妹に声をかかると ある意味私よりもっとディープなリスナーだったのには 驚きました。妹は 番組の本も持っていたし はがきを出して読んでもらったことが あったのだそうです。普段あまり話はしませんでしたが 同じラ時を番組にむちゅうになっていたので 妹との距離が縮まったような気がしました。
    そんな訳で 鶴瓶さんは 特別な存在だったので 大好きなタレントさんであり 落語家さんです。落語の方も デビュー当時は いわゆるお笑いタレントの仕事ばかりでしたが いつの間にか本業にも力を入れ始めて そこそこの実力者になってこられたみたいで 嬉しく思っておりました。
    私の代好きな というか心底面白い落語をされる落語家さんが 既にお亡くなりになられているので とても残念です。枝雀さんは その落語全集をビデオで買いそろえておりましたが 現在は視聴できません。しかたがないので DVDで発売されているものをまた買いそろえようと思います。吉朝さんのDVD全集も当然発売されていますから 購入して 仕事を引退したら 落語三昧の日々を過ごしたいと思います。

12